永野芽郁「だって吐いたことないですもん!」“ツバ吐いたり血吐いたり”演技に苦闘

 女優の永野芽郁と菜々緒が4日、東京・花園神社にて行われた映画『地獄の花園』祈願イベントに出席。同作でツバを吐いたり血を吐いたりしたという永野が、撮影の苦労を振り返った。

バカリズムが脚本を手掛ける本作は、日本中のOLがOL界のテッペンをかけて抗争を繰り広げる壮大なストーリー。職場で派閥争いのためにけんかに明け暮れるOLたちの中で、普通のOLライフに憧れる主人公・直子を永野が、OLたちを牛耳る“悪魔の朱里”を菜々緒が演じる。

イベント前に、タイトルにちなんだ花園神社で大ヒット祈願を済ませた永野と菜々緒。映画のヒットとは別に、個人的にはどんなお願いがあるか聞かれると、永野は「続編」、菜々緒は「修行」と回答した。

永野は「全然大人は言ってくれないです」と、関係者らに早くも続編希望の強いメッセージを送り、「ここで圧をかけておこうかな(笑)」と笑顔で訴えた。

これに菜々緒は「現場でやりたいねって話してましたよ」と、現場裏では続編について会話がなされていたことを明かす。永野は「大人の方がどうしてくれるのか楽しみです」と微笑み、「『OLと違う業種の人が出てきても面白いよね』って勝手に話してました。世界中のOLを倒していくっていうのもいいですよね」と想像を膨らませていた。

一方の菜々緒は「個人的には最近、修行をするのが好き」と告白。続けて「この間滝行に行ってきまして、修行を極めるのも面白いかなと思いまして。こういうご時世ですから心身ともに鍛えていこうかな。これ以上強くなっても困っちゃうかなとも思うんですけど(笑)」と語ると、永野は「かっこいい~」と目を丸くしていた。

作品については永野が「設定の斬新さとテンポ感の良さといろんなものに惹かれて、待ち遠しく現場を待っていました。(脚本の面白さに)自分が置いていかれないように、どうしたら壊さないかなというのを考えながらやってましたね」とコメント。菜々緒は「バカリズムさんが脚本という時点で、謎の安心感で読ませていただきました。映像がものすごく美しいんですけど、笑いとのギャップの激しさの違和感がまたさらに面白い。ただ観ていただきたい一心ですね」とアピールした。

さらに永野は「あれだけの暴言を吐いて、人を殴り飛ばし投げ飛ばし蹴り飛ばし、凶暴な私はこの作品でしか見られないと思う。今までの作品とは違う自分を見せられたと思うので、全編通して注目してほしいなと思います」と見どころを紹介。「ツバ吐いたり血吐いたりするところも、監督に『全然吐けてない』って言われて、『だって吐いたことないですもん!』って言って(笑)」と撮影の苦労を振り返っていた。

映画『地獄の花園』は5月21日全国ロードショー。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ