本田翼、ゲーム好きの子を持つ親へ切実な願い 「時間で区切らないで!」

fumumu


本田翼

4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、ゲームプレゼンターとして女優・本田翼さんが出演。

ゲームへの熱い思いを語りました。

■ゲームは「人生で大切なことを教えてくれた友」


女優やモデルとしての活躍はもちろん、大のゲーム好きなことでも知られる本田さん。YouTubeにてゲームチャンネルを開設したり、『にょろっこ』というモバイルゲームの開発に参加していたりと、ゲームにかける思いはとても熱いようです。

7歳の頃に人気RPGゲーム『ドラゴンクエスト』をプレイしてから、どんどんハマっていったという本田さん。ゲームとは「人生で大切なことを教えてくれた友」と豪語し、ガチでおすすめする神ゲームをプレゼンしました。

関連記事:

■『フォートナイト』の魅力を紹介


幾つかのゲームを紹介するなかで本田さんが挙げたのは『フォートナイト』。オンラインゲームで、ボイスチャットをしながらのプレイや、無料でありながらやり込み要素が充実していることで、世界中で大ヒットしている作品だそう。

本田さんが「お子さんでプレイしている人が多い」と紹介すると、司会の加藤浩次さんも「うちの子供達もやってました」とコメント。今はあまりゲームをしないという加藤さんでも名前を知っていることからも、その人気の高さがうかがえます。

■ゲーム時間を決めるのは「やめてあげて」


そんな中、本田さんは、ゲームにハマっている子を持つ親にどうしても言いたいことがあるとのこと。それは「ゲームは時間で区切らないで!」というお願いでした。

確かに、子供がずっとゲームをしていると「あと何分」と制限をつけたくなる親は多いですが、それは「やめてあげてほしい」のだそう。最近のゲームは「時間」ではなく「試合」で区切るので、親が子供に注意するときは「あとひと試合だけよ」と言ってほしいのだと説明します。

特に『フォートナイト』のようなバトルロワイヤルゲームは「試合が終わらないとやめられない」「あと少しで勝てるというときに、時間だからとゲームを切られたら子供は親を嫌いになってしまう」と熱弁しました。

■「よく分かってる」と視聴者の声


そこで加藤さんは「じゃあ晩ご飯の前とかはどうしたら?」と質問。すると本田さんは「晩ご飯ができる30分前ぐらいに『あとひと試合でご飯だから』と伝えておくと、子供も喜んで食べにきます」とアドバイスします。

本田さんからの切実な願いに「世のお母さんに向けたメッセージがすごかった。あれでどんだけのキッズゲーマーが救われたか」「本田翼さん、さすがよく分かってる」「バトロワ系のゲームやってるから分かる。そういう系のゲームは呼ばれてすぐにはやめれないよね」など、視聴者からも納得の声があがっています。

・合わせて読みたい→本田翼、ゲーム開発したい!? 「作りたい気持ちが募って…」

(文/fumumu編集部・みやび)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ