世界に1店舗だけ “青い”M型アーチのマクドナルドが生まれたワケ(米)

マクドナルドのシンボルマークであるM型のアーチ。黄色でお馴染みのマークだが、世界に1つだけ青色のアーチが存在する。30年ほど前から存在しているというが、近年この場所はインスタ映えスポットとして観光地化しているという。『Mirror』などが伝えた。

注目を浴びている青いアーチを持つ店舗は、米アリゾナ州中央部に位置するセドナだ。

セドナは砂漠や岩山など大自然に囲まれた場所でパワースポットとしても有名な都市であり、瞑想やヨガのクラスも開かれている。

そんなセドナに1993年、ベージュの外壁に青いアーチが掲げられたマクドナルドの店舗がオープンした。赤や黄色といったマクドナルドカラーが世界中で統一して使われているのにもかかわらず、青色のアーチを設置したのには理由があった。

当時、店舗のオープンに関わった地元評議会やプランナーたちは黄色に輝くマークは大自然に囲まれた地域の美観を損ねてしまうのではと懸念したという。そして協議の結果、黄色の代わりに選ばれたのが青色だったのだ。

日本でも京都では古い町並みの景観を守るため、通常は赤い背景の看板を用いるところを茶色や黒などに変更している。それでも黄色のアーチはそのままだった。

周囲の景観に溶け込むようにと青色のアーチを取り付けたセドナの店舗だったが、近年この珍しいマークがインスタ映えするとして観光地化しており、多くの人が写真を撮るために訪れるという。

ちなみに仏パリの観光地でお馴染みのシャンゼリゼ通りにあるマクドナルドも、景観を損なわないように黄色ではなく白いネオンで大きなロゴマークが掲げられている。

また珍しいマクドナルドと言えば、米ニューヨーク州南東部ロングアイランドの店舗も有名である。通常はシンプルな外観の建物かビルや商業施設の中に店舗を構えているが、ロングアイランドでは昔ながらの洋館を彷彿とさせる外観の店舗が存在する。

これはこの場所にマクドナルドの新店舗計画が出た時に、地元の人々がこの建物を壊してしまうのはもったいないと働きかけた結果、この建物をそのまま利用した店舗が誕生したそうだ。この店舗は“世界で最も美しいマクドナルド”のひとつとして親しまれているという。

画像は『Mirror 2021年4月29日付「Only McDonald’s in the world without a golden arch becomes major tourist attraction」(Image: Alamy Stock Photo)』『news.com.au 2021年4月30日付「McDonald’s Arizona has a pale blue M, not golden arches」(Source:Supplied)(Source:Instagram)』『Khurki 「We Love Dominos, Pizza Hut & McDonald’s, But How Many Of Us Know….」(Image Source)』『LADbible 2021年4月28日付「There’s Only One McDonald’s In The World That Doesn’t Have ‘Golden Arches’」(Credit: Tdorante10/Wikimedia Commons)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ