THE RAMPAGEが最強の用心棒組織に、アニメとリアルが融合した「CALL OF JUSTICE」MV公開

SPICE


6月23日にリリースされるアルバム『BATTLE OF TOKYO TIME 4 Jr.EXILE』収録曲、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「CALL OF JUSTICE」のミュージックビデオが、『BATTLE OF TOKYO』のOfficial YouTubeチャンネルに公開された。

『BATTLE OF TOKYO』は、リアルとバーチャルを横断・融合した、LDHが新たに創造する次世代総合エンタテインメントプロジェクト。Jr.EXILE世代のGENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZの4チームのメンバーが、架空の未来都市“超東京”を舞台に、自ら創造したキャラクターたちがアバターとなり、MAD JESTERS、ROWDY SHOGUN、Astro9、JIGGY BOYSと4つのチームとなってバトルを繰り広げる。

アルバム『BATTLE OF TOKYO TIME 4 Jr.EXILE』は、その『BATTLE OF TOKYO』の世界を表現する作品となる。


THE RAMPAGEは、最強の用心棒組織“ROWDY SHOGUN”として登場。「CALL OF JUSTICE」は “ROWDY SHOGUN”を象徴するテーマ曲。ミュージックビデオのアニメーション部分は、『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』など手掛けた東弘明監督。実写部分は、『HiGH&LOW』シリーズも手掛ける久保茂昭監督が担当。“超東京”にあるオークション会場を警備する“ROWDY SYOGUN”が次々と窃盗団を倒していく迫力あるアニメーションシーンと、リアルの16人の力強いパフォーマンスが融合した作品となっている。

なお、GENERATIONS「LIBERATION」のミュージックビデオはすでに公開中で、今後、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZの配信・ミュージックビデオも順次公開予定となっている。



当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ