佐藤健、泥水の中で絶叫「ふざけんな!」 『護られなかった者たちへ』特別映像ほか解禁

 俳優の佐藤健が主演を務め、阿部寛と共演する映画『護(まも)られなかった者たちへ』より、佐藤と阿部のインタビューやメイキングなどを収めた特別映像と場面写真が一挙解禁された。

本作は、中山七里の同名小説を映画化するヒューマンミステリー。殺人事件の容疑者として追われる主人公・利根役を佐藤、彼を追う刑事・笘篠役を阿部寛が演じるほか、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人ら演技派キャストが集結。監督は映画『64‐ロクヨン‐前編/後編』の瀬々敬久、脚本は『永遠の0』の林民夫と瀬々敬久が担当した。

東日本大震災から10年後の仙台で、全身を縛られたまま“餓死”させられるという異様な手口の連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かび上がったのは、過去に起こした事件で服役し、出所したばかりの利根(佐藤)という男。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めるが、決定的な証拠がつかめないまま第三の事件が起きようとしていた―。なぜ、被害者はこのような無残な殺され方をしたのか? 利根の過去に何があったのか? さまざまな思いが交錯する中、やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく―。

特別映像でのインタビューで、佐藤は利根役を演じるにあたり「何度かテイクを重ねさせてもらったので、本番が始まったらゼロに戻して、その時感じたままやりました」と常に新鮮な気持ちで撮影に臨んだことを明かす。一方阿部は、人間の複雑な心理を表現する瀬々監督の演出について「人間のことが、すべてわかるわけではないので。瀬々監督はそういう所を繊細に撮ってくださると思ったので、瀬々監督を信じてやっていました」と厚い信頼を語った。

映像ではそのほか、佐藤が泥水に顔を押しつけられ「ふざけんな!」と叫ぶ迫力シーンのメイキング、阿部が撮影の合間に瀬々監督と話し合う姿、そして清原や倍賞など2人を取り巻く登場人物たちの表情なども収録。最後は、佐藤が「人と人との繋がりとか、絆だとか、愛だとかが観ている方に伝わってくれたら嬉しい」と熱く語る姿で締めくくられている。

特別映像と併せて解禁されたのは、登場人物たちを捉えた場面写真8点。いずれもそれぞれの想いがにじみ出た表情が写し出されており、ミステリーの先に心震える人間ドラマが待ち受けていることを予感させる写真となっている。

映画『護(まも)られなかった者たちへ』は10月1日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ