バカリズムが激レア体験 都内にわずか5台の「幸運のタクシー」に乗車するも…

しらべぇ




4日、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』で『激レアさんを連れてきた。』の未公開トークが配信。バカリズムが「超幸運な不幸話」という激レア体験を告白し、話題を集めている。

◼幸運のタクシー


進行のテレビ朝日・弘中綾香アナに「これまでに激レアな体験をされてことあります?」と番組にちなんだ質問をされたバカリズムは、「3ヵ月ぐらい前に幸運のタクシーに乗った」と語りだす。

幸運のタクシーとは、都内を走る日本交通のタクシー4,600台中わずか5台しか存在しない「桜色の行灯」のタクシーのこと。都内をランダムに走行しているため、発見するだけでも難しいとされている。

関連記事:はじめしゃちょー、タクシーあるあるを『鬼滅の刃』的に表現 「鏡の呼吸」

◼知らずに乗車


偶然乗ったタクシーがその幸運のタクシーだったが、存在を知らなかったバカリズムは、運転手から「おめでとうございます」と声をかけられても「『は?』みたいな感じ。『早く出せよ』って雰囲気を出していた」と当時を振り返る。

運転手から「確率的にはホールインワンを出すぐらい。乗るだけで幸運になるって言われている」と同タクシーの解説をされ、その存在を知ったと明かす。

◼幸運なはずが…


しかし運転手から「幸運になれる」とアピールされているあいだも、「ずっと首都高が混んでいた」とバカリズムは苦笑。「めちゃめちゃ不運じゃないですか」「幸運のタクシーは絶対に混んじゃダメ」と幸運のタクシーを全否定した。

それでも、弘中アナとオードリー・若林正恭には「なにか変わったことがあるわけじゃない、普通のタクシー。運転手さんが『おめでとうございます』って言ってくれるだけ」としながらも、「幸運になるから、見つけたら乗ったほうがイイ」と勧める。

若林は「それでマイナス(渋滞)なら絶対イヤ」と幸運のタクシー乗車を笑いながら断った。

◼ネットには目撃談も…


希少な幸運のタクシーに偶然乗車したバカリズム。視聴者からは「幸運のタクシーは渋滞も許されないなんて責任重大」「総じて『幸運の〇〇』はろくなものじゃない」といった感想が寄せられている。

またネットでは「今日渋谷からタクシーで帰ったんだけど、幸運のタクシーにたまたま出会えました」「幸運のさくらタクシーと遭遇」と実際に幸運のタクシーを目撃した声も散見されていた。

・合わせて読みたい→20代高級車運転手と80代タクシー運転手が衝突事故 壮絶な殴り合いの末に両者を逮捕

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ