「あっ…ツラっ…」女性を一気に老けさせるチェック柄コーデ5選

OTONA SALONE



どんな人気アイテムも、合わせ方によっては老け見えしてしまうのが40代。今回は、アラフォーが注意したいチェック柄コーデをご紹介します!

要注意アイテム①チェック柄ワンピ




リラックス感のあるチェックワンピは、ゆったりして暖かく、柄が華やかに見えてついつい買ってしまいがちなアイテム。しかし、保温性を求めるあまり中にデニムレギンスを重ねてしまうとさらにオバさん度120%増し! チェック柄のワンピースを着る時は、ウエストマークすることと、細みで中途半端丈はやめて、いっそマキシ丈にすると大人っぽく上品に着こなせます。柄や色はコントラストが弱めで暗めの色を選びましょう。

要注意アイテム②ダブルのチェック柄ジャケット




ダブルのチェック柄ジャケットは、Tシャツやデニムで外してカジュアルに着るなど若者のスタイルをそのまま取り入れるとちぐはぐな印象に。大人が着るなら、シンプルなカットソーやニットに、ハイウエストのロングタイトや細みのパンツを合わせてすっきりと着こなすのが◎。

要注意アイテム③ストレートのチェック柄パンツ




ワイドパンツやテーパードシルエットなど、グレンチェックのパンツが豊富な今季。しかし、ビジネスではくようなストレートシルエットのパンツを白シャツなどに合わせてしまうと、パッと見がまるでオジさん。パンツで取り入れる時は、トップスに女性らしいアイテムをプラスするか、ウエストマークをしてフェミニンに着こなすのが必須です。

要注意アイテム④チェックシャツ




大人女性と相性の悪い、チェックのネルシャツ。予備校生っぽくなってしまったり、オバさんの部屋着感が出てしまうので、チェックシャツを着る時はウエストにベルトをプラスしたり、ボトムにインして袖をロールアップしたりと、抜け感を出すと脱オバ見え。そのままとりあえずダボっと羽織って、下にはいつものデニム、というバランス感は近所のコンビニまでにしましょう。

要注意アイテム⑤ブロックチェックのチュニックワンピ




太めのブロックチェックは、面積が大きく見えてしまうので、背が高くてスタイルのいい人でないと難しいアイテム。さらに胸下切り替えでボリュームが出てウエストの絞りがないので、妊婦のようなフォルムになってしまうのも難点。さらにデニムを重ねるのも残念ポイント。冷房対策なのか露出に抵抗があるのかわかりませんが、ワンピースにボトムを合わせるのは重く古臭い印象です。このワンピを着るなら、ウエストをベルトでマークしてヒール靴を合わせて、重心を上に持っていくのがポイントです。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ