あなたは大丈夫?「男性に飽きられてしまう」言動とは

愛カツ


二人の間の緊張が解け、心地よさを感じられる存在になるのは素敵なことですよね。

ただ、「飽き」と「慣れ」は別物かもしれません。

あなたは心地よいと感じていても、男性は内心冷めてしまっている可能性も……。

今回は、「男性に飽きられてしまう」女性の言動をご紹介します。

あなたは大丈夫?「男性に飽きられてしまう」言動とは

■ 決める理由が楽だから

デートの前日、髪型や服装を選ぶのにどれだけ時間をかけていますか?

ついつい「楽だから」という理由で、服装がワンパターンになってしまうものですよね。

お付き合いが安定してくると、ヘアスタイルをアレンジしたりリップを変えたりするのが面倒になりがち。

しかし、男性は新しい発見がないと飽きてきてしまうかもしれません。

たまにはおしゃれして、男性が「あっ!きれいだね」というくらい驚かせてみましょう。

■ デートがワンパターン化する

デートも回数を重ねると、だんだん「パターン」がわかってきますよね。

もちろん、それがわかるくらいふたりの絆も強くなっているのでしょう。

だからといって適当にデートしたり、コミュニケーションをおろそかにしたりするのは危険です!

何度も同じ場所でデートの待ち合わせをしていると、LINEやメールなどそっけなくOKしてしまいますよね。

たとえわかりきっている場合でも、「あそこならゆっくりできるからいいよね!12時半に〇〇の前でいい?」と、ちゃんと言葉にして伝えたほうが男性もデートを飽きにくくなるはずです。

マンネリなデートも楽しみにしてもらえるでしょう。

■ 遠慮して自分の意見を言わない

彼の気持ちを優先するのはよいことですが、つい遠慮がちになってしまう人は要注意。

「私はいいから」「○○くんが決めて」といってばかりだと、彼もあなたの本当の気持ちがわかりませんよね。

あなたをだんだん喜ばせてあげようという気持ちがなくなり、飽きてしまうかもしれません。

少しずつでいいので、普段から「こうなったら嬉しいな」と伝えおくのも大切です。

お付き合いが楽しくなるコツのひとつかもしれません。

■ 「彼と一緒」を疎かにする

たとえば、彼が「今度一緒に○○を買いに行こっか!」といってくれたのに、「もう自分で買ったよ」と返したらどうでしょうか?

彼女のリクエストにはできる限り応えたいと思うのが男心ですから、彼からすると男としての立場をつぶされたのも同然でしょう。

我慢できない彼女を照れ笑いするしかありません。

彼に飽きられてしまうのが怖いなら、見たい映画や行きたい場所、これから食べてみたいものなどは、なるべく「彼と一緒に」やってみるとよいでしょう。

「彼女を喜ばせる機会」がたくさんあれば、彼も飽きないはずです。

■ 彼を飽きさせないで

ついひとりでなんでもやってしまう、ということはあるかもしれません。

ただ、それが慣れないように気を付けることが大切です。

たまにはお互いがどんなときに幸せを感じて、どんなふうになりたいのかを話し合ってみてもいいかもしれません。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ