チュート徳井×ヒコロヒー、お笑いを“ジェンダー的”視点から考える「今後“イジり”がなくなっていく」

TOKYO FM+

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。3月31日(水)のお客様は、チュートリアル・徳井義実さんとヒコロヒーさん。ここでは、お笑い界にいる2人が感じる“ジェンダー感”について、熱くトークをしました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!



(左から)ヒコロヒーさん、徳井義実さん

◆「わりと過剰に包み込みすぎているのかな」(徳井)
徳井:今世間ではね、ジェンダー的な問題とかさ、その辺の意識がどんどん変わってきたりしている風潮がすごいあるやん。それはそれで全然いいと思うし、社会全体のことは俺もそんなに詳しくないし、難しい問題やったりもするんやけど、お笑い界でもそういうのってあるやん。女性芸人さんの立ち位置みたいなのも徐々に変わってきたりとか。

ヒコロヒー:そうですね。

徳井:そういうのって、女性の芸人さん自身はどういうふうに見てるの?

ヒコロヒー:これは本当に私個人の考えなんですけど。私、わりと番組とかで「女芸人を雑にイジりすぎじゃないですか?」みたいな発言をしていたりして。でもそれは、自分が10年間やってきてずっと思っていたことで。例えば、私が芸人を始めたときは、作家さんとかが「おっぱいちっちゃいな」とか「最近いつセックスしたん?」みたいなことを普通に聞いてきて。私は“キモ~、鬱陶しい”みたいな気持ちでいたんですけど、そのときの女性芸人さんの方たちは一生懸命、健気に「2週間前です」みたいに返して変なウケ方をしてる、みたいな。

でも「(その会話で)笑ってるのおっさんだけちゃうの?」ってことをずっと言っていたら、それこそ男性の先輩方から「女芸人をどうイジっていいか分からん」みたいな空気をすごく感じて。

結果私は、こう言っておいてあれなんですけど、イジっていただくのは別にありがたいので、なんでも言っていただいていいんですよ。だけど最近、先輩がイジってくださってもスタッフさんが気を遣って笑わなかったりとかして。

だから最近は「女芸人にそういうイジりをする人は今いないですよ、私はありがたいですけど……」みたいなのをちょっとずつやることによって、“女芸人ってかわいそう”ってならないように締めているというか。うーん……だから、めちゃくちゃ難しいですよね。

徳井:これ難しいよね、俺もそう思うねんな。昔は容姿をイジったりとか、それこそ綺麗な女優さんで振って女性芸人さんで落とす、みたいな。それが当たり前な感じでずっとあったので、なんでもかんでもオッケーは、やっぱり違うっていうのはあるし。そういうのがあまり気持ちが良くないなっていう人は、全然受け付けなくてもいいと思うし。

ヒコロヒー:そうですね。

徳井:でもそういう空気感がさ、わりと過剰に包み込みすぎているのかなっていうのもあって。

ヒコロヒー:そうですね。ザ・過渡期みたいな感じですよね。

徳井:そうだね。定まってない感じね。

ヒコロヒー:そうですね。カチッとなってない感じはすごくあります。

◆「“変にイジらんでおこう”ってなる」(ヒコロヒー)
徳井:逆に、女性芸人さんが必要以上に、いわれのない気分の害し方をしなくなるのは別に全然それでいいと思うけど、逆の逆に窮屈になっているような部分もあったりするのかなって。

ヒコロヒー:そういう瞬間もやっぱり今はあるような。お笑いとしてもジェンダー感としても、どっちつかずになったときに、やっぱり“変にイジらんでおこう”ってなるじゃないですか。そうなっちゃうと、そんな空気感のなかでも出ていける力を、女芸人たちが身につけなければいけないんじゃないかと思うんですけど。

徳井:だから今後、“イジる”っていうのがルール上なくなっていくのかなって。別に笑いなんて時代時代で変わっていくもんやし。別に“せっかく「イジる」という脈々と受け継がれてきたお笑いを消してはいけない”とかはまったく思わへんけど。

ヒコロヒー:ハハハ(笑)。そうですね(笑)。

徳井:そこは全然変わっていいと思うねんけど、単純にそういうのがなくなっていくのかなって。

ヒコロヒー:そうですね。

徳井:それをいうとさ、逆に男の芸人、例えばアンガールズの田中が蟹(のモノマネを)やって「キモい!」って言われているのも“良くない”ってやっぱりなっていくのかな、とか。良いか悪いかは別として“そうなっていくのだろうか?”っていう単純に疑問というかね。

*   *   *

徳井:だから、そういうジャンルのお笑いっていうのはなくなっていくんだろうなって、最近ふと思ったんですよね。

ヒコロヒー:どうなっていくんでしょうか?

徳井:まあまあ、別に変わっていっていいと思いますけど。

ヒコロヒー:そういうもんですしね。

徳井:うん。我々ではちょっと答えは出ないですけど。あとはみなさんのご想像に……。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

5月3日(月・祝)ミキ(昴生さん、亜生さん)×うえちゃん(ディズニー大好き芸人)
5月4日(火・祝)小柳ルミ子さん×小林幸子さん
5月5日(水・祝)パックンマックン・パックン×テツandトモ(中本哲也さん、石澤智幸さん)
5月6日(木)薬丸裕英さん×岡本健一さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶チュート徳井が遭遇した“理不尽なスタッフ”とは? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ