話すと男性に嫌われてしまう「もったいない女性の特徴」とは

愛カツ


「黙っていれば可愛いのに……」と言われてしまう女性は、一定数いるのではないでしょうか?

「可愛い」の一言に喜びそうになりますが、決して褒め言葉ではありませんよね。

今回は、話すと男性に嫌われてしまう、少し「もったいない女性の特徴」をご紹介します。

話すと男性に嫌われてしまう「もったいない女性の特徴」とは

■ 話が長い

一度話し始めると、延々と話し続けて終わりが見えない状態になるような女性は、意外と少なくありません。

一日の出来事を全て話そうとしたり、とくにおもしろみもないどうでもいい話をひたすら聞かされ続けたら、怒りすら湧き起こってくるかも。

また、女性は話が途中で何度も脱線したり、男性が話しているのをさえぎって自分の話をしはじめたりもしがち。

男性はそういう女性には心底ウンザリしてしまうので、気づいたら避けられるようになってしまうかも。

■ 下品な話にノリノリ

たとえば、お酒の席などで、「赤裸々トーク」で盛り上がったりすることもあるかもしれません。

そこでガンガン当たり前のように下品なことを言うような女性は、男性からは引かれてしまうか、遊び相手としてねらわれてしまうかのどちからかではないでしょうか。

ノリが悪すぎる女性も困りものですが、ノリが良すぎて下品なことでも平気で言えてしまう女性は、恋愛対象としては見ることができないはず。

恥じらいがない女性には男性は全くドキッとしないので、心も動かされないでしょう。

■ 上から目線で話しがち

多くの男性は女性から頼りにされたいですし、上に立っていたいとも考えているもの。

なので、上から目線で批判やダメ出しをしてくる女性には、間違いなく嫌悪感を抱くでしょう。

自分に対してはもちろんですが、それ以外に対しても上から発言をする女性には、男性はいい印象を持てませんよね。

えらそうに見えますし、自分の考えは絶対に曲げないというタイプに見えるので、「絶対に彼女にしたくない」と思われてしまうでしょう。

■ 悪口が多い

つねにいろんなものに噛みつきまくっている女性に、好感を持てる男性なんてまずいませんよね。

いつも毒舌や悪口を言っていて、人を否定することしかできない女性とは、一緒にいても楽しい気持ちになれないでしょう。

あと、口を開けば不満や愚痴ばかりをこぼされるのも、聞いているだけで苦痛に感じることも。

そういう女性とは「付き合ったら大変な目にあいそう」と男性も感じるので、あまり深く関わらないようにもするはず。

■ 会話で落胆されないように

男女の距離を縮めていくうえで、コミュニケーションはなによりも大事ですよね。

だからこそ、会話でマイナスイメージを持たれてしまうような女性は、男性からは恋愛対象として見てもらえなくなってしまうかも。

普段の話題選びや、話し方には気を配りましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ