嘘だッ!『ひぐらしのなく頃に』竜宮レナに恐怖を感じた‟トラウマ台詞”といえば…

numan


15年以上前からアニメやゲーム展開を続ける『ひぐらしのなく頃に』。恐怖と感動の両方を持つ本作は、名セリフも数多くまとめられています。今回は竜宮レナのトラウマになるような‟ぞっとした台詞”をピックアップ!
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を皮切りに、キャラクターたちが‟ループする惨劇”に立ち向かう姿を描いた『ひぐらしのなく頃に』。2006年に初めてアニメ化されてから、その恐ろしい描写で毎回「怖すぎ!」とお茶の間に衝撃を与えてきました。

15年以上前から様々な展開をしている『ひぐらし』には印象深いセリフも数多く存在します。
そこで今回は、主人公・圭一の友達である竜宮レナに皆がトラウマになるような‟ぞっとした台詞”&シーンをご紹介。
レナといえば、可愛いものを見つけると「お持ち帰りぃ♪」する可愛くて優しい女の子ですが……?
TVアニメ「ひぐらしのなく頃に 卒」公式サイトより (250308)

TVアニメ「ひぐらしのなく頃に 卒」公式サイト 画像

via higurashianime.com

「嘘だッ」

『ひぐらし』の代表的なセリフといえば、やはり旧作『鬼隠し編』のこちら。

村で起こったという連続怪死事件のことで、皆が転入生の自分に隠しごとをしているのでは?と疑い始めた圭一。
しかし、逆にレナに「圭一くんこそ、嘘や隠しごとしてないかな」と冷たい声で問い詰められ……ごまかすと、レナは「嘘だッ!」とものすごい剣幕で怒鳴ります。

さっきまで上機嫌だったレナの突然の変貌に、圭一だけでなく、テレビの前でも“びくっ“と跳ね上がった人が多かったよう。『ひぐらし』という作品の恐怖を、一番最初に刻み込んだセリフといえるでしょう。
テレビTOKYO テレビBS11

第3話 
「鬼騙し編 其の参」
いかがでしたでしょうか?

あっという間の30分で

「嘘だッ!!」

と叫びたいくらいに。

来週もおたのしみ#ひぐらし pic.twitter.com/Ava4HwPDXw
— TVアニメ「ひぐらしのなく頃に卒」7月放送開始🔪 (@higu_anime) October 15, 20202020年10月から放送された『ひぐらしのなく頃に業』でもこのセリフは登場しており、旧作と見比べて楽しんだ人も。
ちなみに「嘘だッ」はバリエーションを変えつつ、レナ以外のキャラクターにも使用されているので、探してみても面白いかもしれません。

「ごめんなさいごめんなさい…」

セリフだけでなく、「絵面がホラーすぎる」と話題になったのが『鬼隠し編』のこのシーン。

もう完全にレナを警戒するようになってしまった圭一。家に夕食を持ってきてくれたレナに、ドアを閉めたまま「母親が作るからいい」と嘘をつきますが、またしても「嘘だよッ」と見破られてしまいます。

「ちゃんと野菜も食べなきゃ」と気遣うレナは、「圭一くん、開けてよぉ」とドアチェーンをガチャガチャ……。
『業』でも同じシーンがあり、「ひいいい…」、「前よりパワーアップしてる!」と皆を震え上がらせていました。
📺サンテレビ📺

第3話「鬼騙し編 其の参」
ご覧いただきましてありがとうございました。

来週もおたのしみに#ひぐらし pic.twitter.com/7mqdO1FB4b
— TVアニメ「ひぐらしのなく頃に卒」7月放送開始🔪 (@higu_anime) October 15, 2020さらに、レナを追い返したあと二階にあがった圭一は、雨の中、レナが外からこちらを見上げているのに気づきます。
その口元は「ごめんなさいごめんなさい」と謝っているようで……。
「ごめんなさいごめんなさい」は、‟オヤシロ様”と呼ばれるあの人物のセリフとしても有名ですね。

この『鬼隠し編』最終話は、ある意味ベタともいえる、恐怖を煽る構図が好評な回でした。

「全てはオヤシロ様が決めることだもの」

雛見沢の‟オヤシロ様信仰”の恐ろしさを感じさせるのが、『鬼隠し編』のこのセリフ。

学校の帰り道、なぜか鉈(なた)を持って圭一のあとをついてきたレナ。
「圭一くん、みいつけた」──この時点でもう、命の危機を感じざるを得ません。

「連続怪死事件の犯人は誰だ」と興奮して問い詰める圭一に、レナは、「人間の犯人なんかいない。全てはオヤシロ様が決めることだもの」と当然のように言って微笑みます。さらに、圭一の悩みを聞いてあげようと顔を近づけたあと、突然の高笑い!
『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編』 1巻(スクウェア・エニックス) (252376)

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 1巻 画像

via 『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編』 1巻(スクウェア・エニックス)
おそらく圭一だけでなく、多くの視聴者も「もうだめだ」、「完全にヤバい…」と思ったことでしょう。

主人公の圭一は都会育ちの、よそからやってきた人間。
だからこそ私たちも同じ目線で、雛見沢の信仰や言葉に、言い知れぬ恐怖を感じることができるのかもしれません。

どんでん返しにも恐怖。本当に怖いのは圭一だった?

今回はレナの怖いシーンを紹介しましたが、『ひぐらし』ファンならご存じの通り、この『鬼隠し編』は圭一が‟疑心暗鬼”に陥っていた章。
つまり、圭一に見えていたレナは真実ではなく……。それに気づいた瞬間がもっともぞっとした、という人も多かったようです。

いったい誰の目で語られていることが真実なのか? それを意識して見ると、‟ぞっとするセリフ”もまた違った印象に見えるかもしれません。
ほかにもたくさんの“トラウマ台詞”がある本作。あなたの印象深い台詞は誰のどんな言葉ですか?
■アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』ネタバレ感想&考察まとめ!【1話~24話(最終回)と謎/OP&ED+生放送】
https://numan.tokyo/anime/xztWJ

■『ひぐらし業』に残された3つの謎。沙都子は誰を発症させたのか、エウアの正体は…『卒』で明かされる?
https://numan.tokyo/anime/nWyrU

竜宮レナ プロフィール

竜宮レナ(りゅうぐう・れな)
CV:中原麻衣
圭一の同級生。献身的な性格で、毎朝一緒に学校に通うなど、圭一とは一番の仲良しである。「かぁいい」ものに目がなく、見つけると手当たり次第自宅に「お持ち帰り」してしまう癖がある。
「かぁいい」モードに入ったレナには一切の物理法則が通用せず、手に負えない。
(公式サイトより引用)

誕生日:7月28日
星座:しし座
血液型 :O型
本名:竜宮礼奈
口癖:「かな?かな?」「だよ?だよ?」「はぅー」など。

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ