スイートルームで江戸前鮨を堪能 鮨職人による究極のプライベートダイニング

IGNITE


関西の鮨好きに朗報だ。ラグジュアリー・ライフスタイルホテルW大阪は、スイートルームで鮨職人がその場で握る江戸前鮨を楽しめるサービスをはじめるという。



■1日1組限定の最高の贅沢

ラグジュアリー・ライフスタイルホテルW大阪は、ホテル内の鮨店「鮨 うき世」の職人が握る江戸前鮨をスイートルームで味わえるデイユースプラン「鮨WOW」を、1日1組限定で販売開始した。

W大阪館内のフロアガイドでもその場所を明らかにせず、専用カードキーでのみアクセスが可能な「鮨 うき世」。開業以来、紹介制で予約を受ける“隠れ家ダイニング”として人気を得ている。



数々の名店で研鑽を積んだ職人が握るネタは、確かな目利きで一目を置かれる豊洲市場の専門業者から仕入れるマグロをはじめ、日本各地から旬のものを厳選。豊富に揃える銘酒とともに提供する。

デイユースプラン「鮨WOW」プランでは、鮨職人がスイートルームに赴きゲストの目の前で握る大トロ、中トロ、赤身のマグロ3種を含む鮨12貫とおつまみ数品を楽しめるほか、ソムリエがセレクトするワインや日本酒のペアリング、W大阪オリジナルラベルシャンパンも用意している。

■「WOWスイート」に14時間も滞在可能

デイユースプラン「鮨WOW」プランで使われる「WOWスイート」は、ホテル高層階(25階・26階)に位置し、リビングルームやダイニングルームなどを有する広さ120㎡の客室だ。

コーナールームならではの採光性を誇り、床から天井まで一面に広がる窓の先には美しい大阪の街並が広がる。ベッドルームには、その作品が二ューヨーク近代美術館(MoMA)にも所蔵されているオランダ出身のテキスタイルアーティスト「シグリッド・カロン」による大胆なアート作品も設えられ、鮮やかな色彩とすっきりとしたラインが特徴のWデザインで統一。



このプランでは、朝9時から夜の23時まで最大14時間客室に滞在することができ、まるで自宅のようにくつろげる。

デイユースプラン「鮨WOW」プランの利用期間は5月1日(土)~31日(月)まで。3日前までの予約が必要だ。チェックインは9時から、チェックアウトは23時までになり、料理提供開始時間は17時30分から。

料金は1室2名で、253000円(税・サ込)となる。

広々とした室内で大阪の景色を眺めながら、極上の江戸前鮨に舌鼓を打つ。安心・安全な環境で最高の贅沢を味わう楽しみがあってもいい。

ラグジュアリー・ライフスタイルホテルW大阪公式ホームページ:https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/osaow-w-osaka

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

(GINGA)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ