(ときめいちゃった!)彼女のしぐさに愛を感じた瞬間 #4「真っ暗な部屋で…」

ウレぴあ総研

彼氏に「愛している」なんて照れくさくてなかなか言えませんね。

でも「どんなことでときめいているの?」と疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

この記事では彼女の仕草から「愛されているなぁ…」と思った男性たちのエピソードをご紹介します。

「彼氏に愛情をうまく伝えられない」という人はぜひチェックしてみてくださいね。

「彼女が念願の『プログラマー』になって一年目のことでした。

会議の資料を仕上げることになり、残業してやっと作ったものを提出したそうです。

でも、上司から『何カ所も間違っているじゃないか!しっかりしろ』とみんなの前で叱られてしまったそうで…。

電話から聞こえる彼女の声は、とても落ち込んだ様子で『私、この仕事向いていないかも』と言い出して、俺が『大丈夫?相談にのるよ』と聞いても気のない返事ばかり。

心配で居ても立っても居られなくなり、彼女の元へ行くことにしたんです。

家に着くと、真っ暗な部屋で小さくなっている彼女の姿があって、安心させたくてそっと後ろから抱きしめました。

『みんな失敗しながら成長していくんだよ』と励ますと、彼女は抱きしめている俺の腕にちょこんと顎をのせてきて。

『そっか、○○くんが言うならそうだね……私、頑張る』とつぶやいたんですよ。

いつでも味方だよって励まそうとしたのに、逆に彼女からの『愛』が強く伝わってくるような出来事でした。」(26歳/営業)

ショックを受けているときは彼氏に素っ気なくしがちですね。

背伸びして「私は平気だから」と強がるより、今回のように率直に気持ちを表現する方が彼氏も「頼りにされている」と心配をかけずにすみます。

また、うまく言葉が出てこないなら無理せず、その状況をそのまま素直に言葉にして伝えてみましょう。彼氏も真摯な態度であなたと向き合ってくれるハズです。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ