杉山清貴&オメガトライブ、配信ライブ開催決定!

Rooftop


5月9日(日)、『SUGIYAMA KIYOTAKA The open air live “High & High” 2021』が東京・立川ガーデンで開催される。

“High & High”は杉山清貴が20年以上も続けてきたライフワーク的なライブシリーズ。昨年4月と5月に行なわれる予定だった公演が新型コロナウイルスの影響で延期となり、1年越しで開催されることが決定。だが5月11日までの期間で緊急事態宣言が発令されたことを受け、無観客での配信ライブにて開催となった。

ライブのタイトルは“SUGIYAMA KIYOTAKA~”だが、2018年、2019年と同じく再結成した“杉山清貴&オメガトライブ”としてパフォーマンスを行なう。

sub1.jpg

杉山清貴&オメガトライブがシングル「SUMMER SUSPICION」でデビューしたのは1983年。最近また注目されている“シティポップ”の要素を持ち合わせた洗練されたサウンドで広い層から支持され、「ASPHALT LADY」「君のハートはマリンブルー」などで独自のカラーを打ち出していった。1985年12月に解散してしまうが、同年リリースしたシングル「ふたりの夏物語 NEVER ENDING SUMME」「サイレンスがいっぱい」「ガラスのPALM TREE」はいずれもオリコンランキングでトップ10入りするヒットを記録している。

そして35年前、1986年5月に「さよならのオーシャン」で杉山清貴はソロアーティストとしてデビュー。ソロになってからも美しいメロディ、エモーショナルでありながら清涼感のあるボーカルによる良質なポップスを生み続けた。

sub2.jpg

今回のライブでは、オメガトライブ時代の名曲が演奏される。杉山清貴(ボーカル)、吉田健二(ギター)、西原俊次(キーボード)、大島孝夫(ベース)、廣石恵一(ドラム)という“杉山清貴&オメガトライブ”のオリジナルメンバー[高嶋信二(ギター)は今回、不参加]。一緒にステージに立ち、パフォーマンスをするのは2年ぶりとなるが、どの曲をどんなライブアレンジで聴かせてくれるのか、というのもファンにとって大きな楽しみのひとつ。

今年2月に杉山がブログでこのようなことを書いていた。「何となく、オメガ解散のライブの音を聴いてた。めっちゃ頑張ってていい感じ」と昔のバンドの音を聴いたことを伝え、「曲によって、アレンジにかなり遊びを入れていた」ことや「イントロや間奏や、自分たちが好きなようにアレンジしている」と、聴き直してみて発見したことがあった、と。「やっぱバンドいいよなぁ」という言葉で締めくくっているこの日のブログを読むと、5月9日のライブはその時のライブにも負けないぐらい、いい意味での“遊び”を入れてやろうと思っているに違いないと確信する。

sub3.jpg

一昨年と同じく、ブラスセクションとしてファイヤーホーンズが参加し、歌のハーモニーにも厚みと深みを持たせるためにコーラス陣もサポート(ゲスト)として加わる予定だという。有観客ライブの予定が配信ライブに変更されてしまったが、歌ったり演奏したりするメンバーの様子がより身近に感じられるなど、配信ならではの良さがある。観る側としても、“遠くて観に行けない”とか“コロナ禍の中でライブを観に行くのはまだちょっと不安”とか、いろんな理由で諦めていた人たちにとっても、自宅にいながらもライブに参加できるのは大きなチャンスと言える。

1980年代の空気感と共に、2020年代の、令和の時代における最新の“杉山清貴&オメガトライブ”もたっぷりと味わっていただきたい。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ