『アメトーーク!』史上一番うるさい!? おいでやす小田特集に批判殺到

まいじつ


(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

4月29日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で放送された「おいでやす小田大好き芸人」が、視聴者から辛辣な意見を浴びてしまった。

ピン芸人同士のユニットながら、昨年末の『M-1グランプリ 2020』で準優勝を果たし、一躍大ブレークを遂げている小田。今回は彼の魅力を広めるべく、『麒麟』川島明、『ダイアン』、『かまいたち』、三浦マイルド、『スーパーマラドーナ』武智が集結した。

大声ツッコミが代名詞の小田とあり、スタジオ登場の第一声では「何考えてんねん!」と絶叫。「僕で1時間持ちます?」と不安を見せると、週代わりMCの『サバンナ』高橋茂雄が「ほな、やめる?」と返し、小田がさらに「やめるかー!」と絶叫して笑いを誘っていく。

また、同じく絶叫ツッコミが売りの「ダイアン」津田篤宏と競わせるようなくだりも多く、「小田は裏では二枚目なところがある」と明かしたユースケを否定した小田に対し、津田が「俺の相方になにいうとんじゃぁ!」と怒鳴り出す場面も。これに小田が「関係ないやろがぁ!」と対抗し、絶叫合戦となるシーンも多かった。

「アメトーーク史上一番うるさい回」


なんとも小田の個性が押し出された回ではあったが、こうしたくだりを「うるさい」と感じる視聴者は意外と多かったようだ。ネット上には

《ダイアン津田が出てくるとうるさいだけで面白くない…関西ではウケてたのかもだけどどうも馴染めない》
《アメトーーク史上一番うるさい回だわ》
《今日のアメトークはハズレ回だわ。この人うるさいだけやし、うるさい芸人被せたら耳キーンなる》
《おいでやす小田のキレ芸ってうるさいだけで全然面白くない。ただ叫んでるだけ》
《放送事故みたいな回だった》

など、辛辣な意見が相次いでしまった。

番組中には、「なぜもっと早く売れなかったのか」と評されるほど称賛されていた小田。芸人内の評価とお茶の間の評価は異なるようだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ