狩野英孝の“テレビ恐怖症”を救った芸人たちの秘話「助けてくれた」


お笑いタレントの狩野英孝が先月24日、陣内智則の公式YouTubeチャンネル『陣内智則のネタジン』に出演。不祥事を起こして芸能活動を自粛中に、自身のことを気遣ってくれた芸人たちとの秘話を語った。

この日公開された動画「陣内智則×狩野英孝【前世は兄弟!? アノ騒動を語り合ったら共通点が多すぎた!】」で、「芸能界からほぼ抹殺しかけられた」と、約4カ月半にわたる謹慎生活を振り返った狩野。その期間は、どうしてもバラエティ番組を観ることができなかったそうで、「でも、観なきゃいけない。もしテレビに戻るなら、テレビを観なきゃいけないって言われて……。最初は、BSの海外の風景だけが流れてるやつを観て。徐々に徐々に、バラエティ番組にいくようになったんですけど」と、“テレビ恐怖症”になってしまった様子。

また、陣内に、「自分の報道を観たか?」と聞かれると、「僕は観ました」とキッパリ。謝罪会見後のニュースはすべてチェックしたという狩野だが、「会見後に、色んな芸人さんからすごいメッセージが来て。『明日ワイドショーで、どうしてもこの案件を扱うんだけど、英孝ちゃんごめんな。どうか頑張って耐えてくれ』って。それで、その方は何て言ってくださるのかな? って。それで観てたんですよ」と、コメンテーターやゲストとして出演する芸人たちのコメントが気になっていたことも打ち明けた。

実際に放送された番組では、「すげーフォローしてくれて。カンニング竹山さんも、『この人を芸能界からいなくさせちゃダメですよ。芸能界の宝なんですから』って。ジュニアさんも、何か言ってくださったり。(テレビに)一週間出ないと、忘れられるじゃないですか。それで、サンドウィッチマンが、色んな番組で忘れられないように言ってくれたり」と、たくさんの芸人たちが気遣ってくれた様子。狩野は、「それがうれしくて、ちゃんと復帰しないとなって。もうクヨクヨしてられない。みんなが、先輩たちが助けてくれるから、もうバラエティ番組観ようと思って」と、決意したことを明かしていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ