マツコ、明石家さんまに選ばれる可能性に自信 「最後はぽっちゃりにいく」

fumumu


マツコ・デラックス2日放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)で、タレントのマツコ・デラックスさんは、明石家さんまさんに自分が選ばれる可能性について言及しました。

■半年ぶりの2人きりトーク


この日、放送内で明言はしなかったものの、裏で放送されている国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)のキャラを思わせる衣装で登場したふたり。

波平さんを思わせる衣装のさんまさんは、サザエさん風のマツコさんを見て「ものすごいかわいい」と発言。マツコさんは「普段は『かわいい』って言われるの嫌いだけど今日は嬉しい」と照れ笑いを見せました。

実は2人きりでのトークは半年ぶりとのことですが、冒頭から息のあったやり取りで軽快なトークが始まります。

関連記事:

■マツコ「可能性はゼロとは思ってない」


和気あいあいなムードのなか、話題は恋愛話へ。女性に「ちゃんと顔見てしゃべって」と言われることが多いというさんまさん。それを聞いたマツコさんは「じゃあ私のことは女性扱いしてない?」と質問。

すかさずさんまさんは「そういうことや!」とうなずきますが、マツコさんは「最初から『ない』って決め付けるのはよくない」と指摘。さらに「可能性はゼロとは思ってない」と、自身とさんまさんが恋愛に発展する可能性を示唆します。

マツコさんは「もうそろそろ飽きた、落ち着こうと思ったときにそばにいていい女の10番目ぐらいには自分が入っているのでは」との考えを語ります。それに対しさんまさんは「10位目には置けない、ベスト3には置かないと」と答え、マツコさんは「本心なの?」と驚いた表情に。

実はぽっちゃり好きだというさんまさんの発言を疑いつつも「最後はぽっちゃりにいくから」と自信ありげな様子をみせ、可能性を強調しました。

■深層心理のなかに「マツコ」はいる


またマツコさんは、さんまさんがプロデュースしたアニメの主人公の容姿が自分に似ていることにも言及。キャラデザインを考えたのもさんまさんだそうで、特にマツコさんを意識したつもりではなく、浮かんできたのがあのキャラクターだったのだとか。

それを聞いたマツコさんは「やっぱり深層心理のなかに私がいるのよ」と言い、さんまさんが「外れてるけど深層心理の中にマツコはいる」と認める場面も。

そんなふたりの息がピッタリなのは視聴者も感じたようで「さんまさんとマツコがだべってるだけのバラエティ、いいな」「さんまさんが自然体でのぞんでるのが楽しい。マツコさん、さすがの信頼度」「このふたりのトーク、深夜帯でじっくりみたい」などのコメントが寄せられました。

・合わせて読みたい→マツコ、有吉のツイッターを「世界で最も影響力がある」と称讃

(文/fumumu編集部・みやび)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ