『リアルスコープ』6年ぶり地上波G帯復活 山里亮太「ひたすら感動」


フジテレビ系バラエティ番組『潜入!リアルスコープ』が、6年ぶりに地上波ゴールデンタイムで復活。あす4日(19:00~21:00)に放送される。

特殊潜入メカ「リアルスコープ」が、秘密の工場や謎の施設などあらゆる世界に潜入し、“大人の社会科見学”をコンセプトにした同番組。2009年1月に深夜枠で初放送され、11年4月から15年3月まで土曜19時からレギュラー放送された。

今回は、次世代新幹線から大ヒット冷凍商品、国民的お菓子、視聴率まであらゆる世界の“令和の進化”に潜入。次世代新幹線の開発現場にバラエティ番組初潜入するほか、大ヒット冷凍食品の進化をテレビ初公開、国民的お菓子&話題のヒット商品の進化の秘密に初潜入、そして視聴率の進化を探るべく、ビデオリサーチ社に潜入する。

スタジオメンバーは、山里亮太(南海キャンディーズ)、岡部大(ハナコ)、朝日奈央、井上咲楽、礼二(中川家)、荒牧慶彦、山崎夕貴アナウンサー。山里と岡部の収録後のコメントは、以下の通り。

――6年ぶりに地上波ゴールデンに復活した『潜入!リアルスコープ』の収録を終えた感想は。

山里「情報として“へ~”と思うことをしっかり届けてくれて、そこでゴールでもいいのに、それ以外にもいろいろな形で画面にどんどん遊びをちりばめて盛り上げています。相変わらず面白くて、そこに突っ込みを入れて楽しくなりました。また、番組のこれまでの信頼と実績からなのでしょうか、いろいろなところまで見せてもらっているので、すごいと思いました。ひたすら感動していました」

岡部「『潜入!リアルスコープ』は実家で見ていたので、まさか今回スタジオで見られるなんて。情報量が多いですね!とんでもなくすごい初公開映像などもめじろ押しでしたし、プチ情報も面白かったです」

――印象に残った“潜入”は?

山里「次世代新幹線です。これは注目です!かなりすごいところまで見せてもらっていて、さらに新幹線の“音声解説”的な感じでナビゲートしてくれたのが中川家の礼二さん。贅沢でしたよ!礼二さんの解説と、礼二さんのモノマネ。さらには最新新幹線の情報。皆さんのハートをがっちりつかむ、見応え十分だと思います」

岡部「いつも冷凍食品にお世話になっているので、おいしさの秘密を知ることができてうれしかったです。テンションあがりましたね!汗ばみながら見ちゃいました。フライパンを使わず“レンチン”で完成するパリパリのギョーザには驚きました」

山里「おいしいことは知っていたけど、これを知ると倍おいしくなる、という情報を得ることができて良かったです」

――視聴者のみなさんへメッセージを。

山里「“リアルスコープ”がすごい所まで潜入しているので、お家にいながらいろいろな工場見学を楽しむことができます。親子で勉強にもなりますし、でも堅苦しくなく、本当にただただ笑って楽しく、いつの間にか知識が手に入っているという番組です。ご家族みなさんで楽しく見ていただければと思います」

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ