北川景子&永山瑛太のキュンキュンシーンで思わず笑ってしまう『リコカツ』の絶妙な塩梅

dwango.jp news


金曜ドラマ『リコカツ』(TBS系毎週金曜よる10時~)の第3話が30日放送された。“リコカツ”とはドラマで新しく作った離婚活動の造語。交際ゼロ日婚で結婚した咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)だが、生活感の違いから早くもリコカツを開始。すると、お互いの両親が離婚の危機を迎え、離婚を言えなくなってしまったというのが、これまでのあらすじ。リコカツ中にもかかわらず、咲と紘一の距離が少しずつ縮まってきたことにSNSでは「2人は可愛い」「キュンキュンした」「あーもうムリ」など多くのコメントが寄せられている。

“離婚から始まるラブストーリー…?”というだけあってシリアス系ラブストーリーかと思いきや、これまで見てきた人なら分かると思うが、コメディ色がとにかく強い。

特に紘一を演じる永山瑛太のお芝居が面白過ぎるのだ。冒頭も咲の母、美土里(三石琴乃)が離婚すると言って家に押しかけてきたことから、一緒の寝室に寝ることとなった咲と紘一。

もしかしてイチャラブの展開…とはならず、紘一は緊張のあまり手足をギュッと伸ばしてベッドに横になってしまう始末。と、そこに美土里ママが乱入し、夫の武史(佐野史郎)のことを「いつのまにか女遊びするようになっちゃって」と言うと「自分はそのようななことしません!」と正座をしながら、きっぱり。いや、基本的にいい男なんです、紘一って。まぁ毎日“ゼロヨンマルマル”(朝4時)に起こされるのはたまったもんじゃないけれど。

一方、離婚届を残して家を出て行った紘一の母・薫(宮崎美子)が箱根の旅館で働いていたことが発覚。2人で迎えに行くことになるが、紘一は箱根の下調べをしているところを咲に見つかってしまう(星の王子様ミュージアムをメモしている紘一が可愛すぎる)。ガイドブックを必死に隠す紘一を見て、咲もニッコリ。結局、2人とも箱根旅行を楽しみにしていることが分かる一幕だった。

咲役の北川景子が美し過ぎると再確認できるのも、このドラマの魅力のひとつ。

美し過ぎるゆえ同僚から反感を買い、ファッション誌編集部から文芸部へと異動となってしまった咲。どんなにマジメに頑張っても、容姿ばかり褒められ、自分の努力を認められない。後輩のなつみ(大野いと)から「なんで咲さんが異動なんですかね。ひどくないですか?」と泣きながら言われ「仕方ないよ。サラリーマンなんだから私たち」と逆に励ます咲。コメディシーンと厳しい現実が重なっているところも、この作品の面白さを倍増していることは間違いない。

そして今回の一番の見どころとなる箱根旅行。旅館に到着すると、紘一の上司である重森隊長(菅原卓磨)から、新婚旅行であることが仲居に伝えられていた。部屋に到着すると、机の上にはバスケに入ったフラワー。

寝室は風船と花びらで彩られ、部屋に備え付けの露天風呂にも花びらがぎっしり。仲居からカメラを向けられ、リコカツ真っ最中の2人の心境が、ぎこちない笑顔に表れる。

そんな中、仲居として働く母、薫の姿を見た紘一の表情が切ない。



もともと、厳格な父・正(酒向芳)に付き従い、いつも優しい薫は紘一にとって理想の母親像であった。咲にも、こうあるべきだと期待していたはずなのに仲居として生き生きと働いていたのだから仕方ない。まさに紘一の価値観を根底から揺るがすシーン。その夜、「ホントは、母さんはずっと不幸せだったのかもしれない。ずっと我慢していたのか、自分がいたから…」と気落ちする紘一を咲は励ます。

「いやいやお母さんやってたら紘一さんも絶対、気付いたと思う。お母さんがそのとき、きっと幸せだったはずだよ」「君に何がわかる」「わからない、わからないよ。でも、女の人って昔は家庭か仕事か、どちらかしか選べないようなところがあったじゃない。子どもの手が離れたときにもうひとつの道を生きてみたいという気持ち、わかるような気がするなぁ。人間、誰しも矛盾する気持ちってあると思う。こっちの人生で良かったけど、あっちの人生も気になるとか。離婚するための旅行だったのに、思わずウキウキしちゃったりとか」と本音がポロリ。「お母さんが生き生きしているのを見たら、自分も新しい場所で頑張れそうだなって、そんな気がしたから」と、咲も薫と自分の異動と重ね合わせている。そんな咲は紘一との今の関係を「雨宿り」に例えながら、しっとりと夜はふけていく。旅館から帰る直前、紘一は咲に促され薫の元へ。そこで母から話を聞き、強い決意と楽しそうな顔を見た紘一は、納得は出来ないまでも理解はできたようだ。

旅館から帰ってきた2人は正の家で、このことを報告。「自分は今の母さんの生き方を認めてあげたいと思います」という紘一に正は「笑止千万。この年になって女房が出ていき戻ってもこない。男子一生の恥だ。面子がたたん」。最悪ですよ、このお父さん。すると咲が「紘一さんだって苦しんだんです。苦しんで苦しんで、それでもお母さんの姿を見て見守ろうって決めたんです。お父さんよりも紘一さんのほうが、よっぽどお母さんの気持ちわかろうとしていると思います」。もうこれ、すっごくいい夫婦になっているような気がする。

2人で家の前に帰ってきた咲は紘一に言い過ぎたことを謝り、「紘一さんが責められているのを見てたら黙っていられなくて、つい…」と言うと

「だって私、まだ、あなたの妻だから」

ここで米津玄師の『Pale Blue』が流れ出すと、紘一は思わず咲をバックハグ。もう『恋つづ』を思わせるような展開に胸がキュンキュン。な、はずなのに強く抱きしめすぎ、首が苦しくなってしまう咲。でも、そこが紘一らしさ。鍛え上げた前腕部の永山の筋肉もポイント。薫から咲との出会いは運命だったと聞かされたことを思い出した咲は振り返ると、紘一の胸に顔をうずめる。息苦しくなるほど胸が高まるシーンなのに、紘一の驚き目を見開いた顔に笑ってしまった人も多かったのでは? ぎこちなく咲をしっかりと優しく抱きしめるも、最後まで紘一の顔は変わらなかった。ここまで紘一のキャラを崩さない演出には脱帽である。もうリコカツなんてやめても良さそうな空気が流れる中、ラスト、家に現れたのは咲の別れた元カレ、貴也(高橋光臣)。第4話が待ち遠しくて仕方がない!

文:今 泉

■金曜ドラマ『リコカツ』
毎週金曜よる10:00~10:54

(C)TBS

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ