前田敦子のTikTok初挑戦にざわつく 本人がよく分からないうちにバズって「これがあっちゃんの威力」

女優の前田敦子は昨年12月いっぱいで太田プロダクションから独立した後、フリーになってから本格的にSNSを活用しはじめてファンにも好評のようだ。今度は主演ドラマのキャストたちと動画共有アプリ・TikTokに挑戦したところ、前田自身がよく分からないうちに再生回数が急増して周囲が驚いている。

前田敦子主演ドラマ『麺と千尋の並行世界』の公式アカウントによると、「中の人」こと女優・柳英里紗がTikTok活用を提案したという。前田敦子をはじめ柳英里紗トレンディエンジェル・斎藤司ゆうたろう渡部豪太Nikiがディスコサウンドに乗せてノリノリで揺れる動画を投稿したところ、予想以上の反響があった。

5月1日に『ドラマ「麺と千尋の並行世界」公式アカウント』Twitterで「あつこへ TikTokやってないかもしれないけど再生回数が半端ないよ。余裕で30,000回超えてるよ えりさより(急な私信)」とツイートすれば、当の前田敦子は嬉し泣きの絵文字とともに「えりさへ みんな見てくれてるって事なのかな? よかった」とつぶやく程度にしか事態の大きさを分かっていないようだ。

ドラマ公式Twitterには「これがあっちゃんの威力 可愛すぎる」、「あっちゃん天使TikTokありがとうございます」などの反響があったうえに、前田自身のTwitterにもフォロワーから「あっちゃんノリノリで面白い」、「可愛くて何回も見ました TikTokデビュー嬉しいです」、「53.4K回も再生されてるよ」、「TikTokをもっと頻繁にやるべきです、あっちゃん」という声が寄せられており人気ぶりがうかがわれた。

AKB48時代にはブログやGoogle+などを活用していた前田敦子だが頻繁には更新しておらず、2012年8月にグループを卒業してからはTwitterおよびインスタグラムを中心に使っている。2020年12月31日をもって14年間所属した太田プロダクションとの契約を終了してフリーになった前田は今年1月7日、3年以上更新しなかったTwitterで「皆様ご無沙汰してます」と切り出して「アナログ人間なので、頑張ります ひとまずよろしくお願いいたします~!」と積極的に活用していく意気込みをつぶやいていた。

前田は4月23日、以前から別居報道があった夫で俳優の勝地涼と離婚したことを発表したが、25日にはインスタグラムで「29日にオープンするグッチ並木 オープニングプレビューへ行ってきました」、「ラグジュアリーで、良い香りでいっぱいで、笑顔にしかならない世界」とファッショナブルなコーディネートで微笑む姿を投稿して「素敵な笑顔 あっちゃん、前を向いて進んでいきましょうね 微力ですが、ファンは応援していますよ~」と共感を呼んだ。

1月18日にはライブ配信した後で「先程は突然のインスタライブでしたが、たくさんのフォロワーさんにご参加いただけてとても嬉しかったです!」と投稿したところ、「あっちゃん インスタライブ 良かったで」、「視聴者数は4500人だったよ」と反響がある一方で「見逃したわ、次回は幅広くよろしく♪」、「事前に告知よろしくお願い致します」、「次回のインスタライブは参加出来たらええなぁと思っています」という声も多い。インスタライブやTikTok、いずれはYouTubeまで使いこなすようになれば、新境地を開くかもしれない。



画像は『前田敦子 2021年4月25日付Instagram「29日にオープンするグッチ並木」』『柳英里紗 elisa yanagi 2021年5月1日付Instagram「#麺と千尋の並行世界」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ