ひろゆき氏、無能発言で物議の明石市長と議論 「ICUが少ないのは…」

fumumu





30日放送の『ABEMA報道リアリティーショーAbemaPrime』の一部が公式チャンネル『ABEMAニュース』でも配信。

番組では、泉房穂明石市長とオンラインでつなぎ、元2ちゃんねる管理人で実業家の西村博之(以下ひろゆき)さんを中心に様々な質問を投げかけました。

■「無能」「有害」批判で話題の泉市長


新型コロナウイルスの感染抑制のため、各地で外出自粛の要請が続いているこの頃。

23日に大阪府の吉村洋文知事は、個人の自由を制限する法整備を求めたのですが、これに反応したのが泉市長。「病床が確保できていないのに、私権制限はやってはいけない。政治家の責任放棄で、失格だ」などと訴え、吉村知事を「有害」と評したほか、井戸敏三兵庫県知事についても「無能だ」と切り捨てた姿が話題になりました。

関連記事:

■重症病床を増やさないのに私権は制限


これについてひろゆきさんが「批判自体は正しい」「なんで撤回したのか」と述べると、泉市長は「人に対して無能とか有害というのは使わない言葉ですから」と行き過ぎた表現でだったため、撤回したと明かします。

そのうえで、泉市長は兵庫県の重症病床が、半年前の110から118にしか増えていないことを指摘。自身には本来権限がないものの、市民の命を守るために本来その機能のない市民病院で対応し続けていることを明かしたうえで、「それ(重症病床)も作らんと、国民のせいにするのは違うでしょ」と続けます。また、すでに私権制限は十分になされているとも述べました。

■ひろゆき「ICU少ないのは仕方ない気も」


泉市長はさらに、民間病院に対しても苦言。そもそも日本が国民一人あたりの病床数が世界一の国であり、そのうえで感染者はアメリカ等の10分の1以下であることを述べたうえで、「問題は一部の病院にのみ、しわ寄せがいっている」「病院みんなで協力すれば、問題は解決するに決まってる」「民間病院がちゃんとやるかだけです」と続けます。

これに対しひろゆきさんは、集中治療ができるベッド数という意味では他先進国に比べて少ないことを指摘。「そうじゃない国と比較してICU少ないよねは仕方ないのかなという気もしなくもないんですけど」と続けるのですが、泉市長はそういう現実を受け止めたうえで、早急に病床の転換をすべきだと主張。「今からでも遅くないから、病床の内容を転換するのが政治家の仕事だと思います」と語りました。

■「まとも」「どれも正論」


ひろゆきさんを中心に、スタジオメンバーからの質問に的確かつ素早く答えた泉市長。

今回の動画に対し、コメント欄には「こんなにまともな市長もいるもんなんだなって思いました」「明石市長の第一声は声高いなぁだったけど見終わるとこの人真面目だしまともだわ。ここまで考えてる市長や政治家なんてほとんどいないだろ」「どれも正論だって思った」などの声が寄せられています。

☆ABEMAニュースの動画はこちら

・合わせて読みたい→ひろゆき氏、「論破王している暇があるなら…」 妻からの暴露にタジタジ

(文/fumumu編集部・柊青葉)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ