超年下男性と不倫しておいて開き直り!? 妻の呆れる不倫物語【後編】

yummy!


超年下男性と不倫しておいて開き直り!? 妻の呆れる不倫物語【後編】

前編では、同じ趣味を持つ理解ある妻の様子がおかしくなり、調査すると若い男性と不倫をしていることが発覚。
後編では、証拠をつきつけ、妻を問い詰めていきます。

目次

妻を問い詰めるものの…


探偵からの受け取った証拠写真を、僕はすぐに妻に突きつけました。
「子供から聞いたけど、最近実家に子供を預けてばかりでこんな若い男と遊び回ってるそうじゃないか。」と言いながら、妻がホテルに入ろうとしている写真を見せました。
妻は、写真を見た瞬間顔色が変わり、写真を破り捨てました。
「こんな写真コソコソ撮るなんて!」と怒っている様子……。
「こんな年下の男と遊び回って、子供に寂しい思いをさせてるお前にもう子供育てる資格は無いな」
「なに?あたしだって今まで辛かったのに!」と、逆ギレをし始めました。
終始妻は怒ったり泣いたりで、らちがあかない……と思った僕は子供を連れて自分の実家へ避難しました。

妻の不倫の自白


1人で数日間過ごして、頭が少し冷えたのか、妻の方から話したいと連絡がきました。
「不倫は悪いと思ってる。ごめんなさい」と棒読みでつぶやく妻。
「どこの男と不倫したんだ?」
「車好きのSNSから出会った、若い子よ。すごくカッコイイ車に乗ってるの」
僕は凍りつきました。子供ができてから、家族の為に趣味の時間は確かに減っていた。だけどそれを妻は喜んでくれてるものだと思っていました。
「最近あなたの車かっこよくなくなってきたし……彼のカッコイイ車に乗せてもらうのが楽しいの」
同じ趣味を持つ女性を、運命だと信じて惚れ込んだ自分がバカだった……とこの瞬間全て悟りました。

苦しむ僕と子供


それから別居を続け、離婚への手続きを進めるために親権など決めていくことになりました。
こんな状況でも若い男と遊び回ることをやめない妻に子供は渡せない、と思いましたが……子供は「お母さんに会いたい」と泣きます。
子供が会いたいと言ってる、と連絡を入れても、妻からの返事はいつも半日以上経ってから。
僕は一刻も早く離婚し妻とは縁を切ることを決意しました。
弁護士も立て、妻と不倫相手の男に慰謝料を請求しました。親権はまだ争い中ですが、僕は必ず自分の手で子供を幸せにすると固い決意を胸に戦っていきます。

若い男に走ってしまった妻は現実逃避しがち


結婚生活には、独身時代のような華やかさや刺激は少ないですよね。
そんな生活で退屈さを感じている主婦が、若い年下男性にハマってしまうことは少なくないのです。
「子供を見捨てるなんてありえない」と思いますが、ありえなくなってしまうのが、不倫の恐ろしさなのです。
(mashu/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ