松本人志「紀州のドン・ファン元妻とのツーショット」が発覚した東野幸治を気遣う 『ワイドナショー』では言及なし

お笑いタレントの東野幸治(53)が2日午前、自身がMCを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)で扱った“紀州のドン・ファン死亡事件”について、出演者やスタッフにツイッターで謝罪している。1日のネット記事で東野と須藤早貴容疑者のツーショット写真が掲載されたが、同番組の放送ではこれについての言及が東野からなかったからだ。

和歌山県田辺市の資産家で“紀州のドン・ファン”と呼ばれた野崎幸助さん(享年77)に多量の覚醒剤を摂取させて殺害した疑いで先月28日、元妻の須藤早貴容疑者(25)が逮捕された。その須藤容疑者と東野幸治のツーショット写真が流出し、5月1日にNEWSポストセブンで報じられた。ただし記事には、東野と須藤容疑者との間に何か特別な関係があったという記述はなかった。

2日の『ワイドナショー』が放送される20分ほど前、東野は『Higashinodesu(Higashinodesu)ツイッター』で「ワイドナショーの収録が金曜だったから、今朝のワイドナショーは会ったことあるのに会ったことない感じでやってます」と記して、「出演者、スタッフさんゴメンなさい! 許してください!」と平謝りした。実際に同番組放送中、「なんで元妻とのツーショットのこと触れないんだろ?」「東野さん、写真の説明したくないのかな」という声がツイッター上で見受けられた。また以前から野崎さんと親交があったタレントのデヴィ夫人(81)は情報番組などで元妻の逮捕について取材を受けているが、東野は「私は実はデビ夫人みたいに言うタイプじゃないんです!」(原文ママ)と付け加えている。

すると同番組レギュラーコメンテーターのダウンタウン・松本人志(57)が、この日の午後3時前に「あんな下の下の記事は相手しなくて良い良い」と東野のツイートを引用して反応。笑いの要素は一切なしで、彼の立場を気遣ってのコメントのようだ。リプライ欄では「あーあの写真ね! 東野さんの人の良さあっての出来事だと理解しております」「ダディは実は誠実な人なのを私は知っています」「やさし~い、まっちゃん」の声とともに、「収録日とか分からんかったから、期待して見てました」とツーショットの説明を期待して番組を見ていた視聴者もいたようだ。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ