手塚ゾーン(てづかぞーん)

numan


「手塚ゾーン」(てづかぞーん)とは、『テニスの王子様』に登場する手塚国光が習得している技。ボールに回転をかけ、どれだけ相手がボールを打ち返してきてもほとんど動く事なく相手にボールを打ち返し続けることが可能。

意味

『テニスの王子様』(以下テニプリ)に登場する手塚国光が習得している技。
ボールに回転をかけ、どれだけ相手がボールを打ち返してきてもほとんど動く事なく相手にボールを打ち返し続けることが可能。……という技だったのだが、回を増すごとに「ゾーン」の部分が拡張。

しまいには劇場版で「手塚ゾーン」を使った際に、なぜか隕石になったボールが恐竜を絶滅させるという壮大なスケールに発展し、テニプリの(トンチキな)代表的な技のひとつとして認知されるようになった。

「手塚ゾーン」と「手塚ファントム」

『テニスの王子様』に登場する多くの技は現実世界で再現不可能なものが多く、このような技、現実的ではない世界を総称して「テニヌ」と呼ぶことがあるが、「手塚ゾーン」もそのひとつであると言われている。

またこの技の応用として、相手の返したボールが確実にコート外に出るように回転をかける「手塚ファントム」という技も存在している。

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ