「MAZDA3」「MAZDA CX-30」を一部改良し、環境性能と乗り心地を改善


マツダは4月26日、コンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、発売した。

今回、「MAZDA3」「CX-30」の新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X(イー・スカイアクティブ エックス)」搭載車は、ドライバーの意図に応える瞬発力を高めた自在感と走行性能はそのままに、排出ガス性能と燃費を改善。これにより、一部機種が2030年度燃費基準における減税対象となる。

同社は、2030年の電動化100%を進める技術として、今後も内燃機関の理想を徹底的に追求し、効率的な電動化技術と組み合わせて展開することでCO2削減に貢献する、としている。

また、「CX-30」は、乗る人全員にとって快適に移動を楽しめるよう、すべての機種にわたってフロント・リアのダンパー特性を見直した。これにより、荒れた路面走行でのサスペンションの動きを滑らかにし、より自然で穏やかな乗り心地へ改善した。

「MAZDA3」e-SKYACTIV X搭載車のメーカー希望小売価格(税込)は、319万8,148円~368万8,463円。「CX-30」は、239万2,500円~371万3,600円。

「MAZDA3」「CX-30」ともに、特別塗装色 「ソウルレッドクリスタルメタリック」は6万6,000円高。「マシーングレープレミアムメタリック」は5万5,000円高。「スノーフレイクホワイトパールマイカ」は3万3,000円高となる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ