ヤマハ、「BOLT Rスペック ABS」に"ブルー"と"ブラック"の2色を新設定


ヤマハ発動機は6月8日、「BOLT Rスペック ABS」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして発売する。

「BOLT Rスペック ABS」は、ボバースタイルの走りと“シンプル"を追求したクルーザーモデル。“Ultimate Purely Bobber"をデザインコンセプトとするシンプルなスタイルと都市近郊での快適な走行性を兼ね備え、2013年の発売以来、多様なライフスタイルにフィットするモデルとして支持されている。

2021年モデルは、「グレーイッシュブルーメタリック4」と「ブラックメタリックX」の2色を新設定。“ブルー"は、親しみやすくカジュアルな中にもヘリテージテイストを感じさせ、シンプルなグラフィックとともに上質感漂うカラーリング。“ブラック"は、定番色でありながら、ダークトーンのグラフィックを採用することで金属パーツの質感を際立たせ、力強い存在感をアピールしている。

また、ゴールドリザーバータンク付きリアサスペンションや切削加工を施したキャストホイールは従来モデルから継続採用し、スポーティーで上質な仕上げとしている。メーカー希望小売価格は、104万5,000円(税込)。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ