東山紀之と松岡昌宏に愛される関ジャニ∞・大倉忠義、3人をつないだ伝説のドラマ

アサジョ


 ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)が、視聴率は伸び悩んだが内容は好評を博した関ジャニ∞・大倉忠義。実は、それほど交友関係は広いほうではないが、ジャニーズ事務所では“皇帝”東山紀之と“兄貴”TOKIO・松岡昌宏の寵愛を受けているという。

07年に大人気時代劇「必殺仕事人」(テレビ朝日系)シリーズが主要キャストを一新して15年ぶりに復活した際、主役の東山を共演者の松岡とともにサポートしたからだ。

「大倉は、初めて飲みに連れていってもらった夜のことを、今でもはっきり覚えているそうです。松岡が『先輩、次どうしますか?』と聞くと、『んー、シャンペンかな』と東山。すると、松岡は大倉に向かって、『おい、小僧。シャンペンだ』という謎のリレーで、注文させました。大倉は、シャンパンをシャンペンという人がいる衝撃と、初めて『小僧』と呼ばれた驚きを同時に味わったそうです」(女性誌ライター)

同作は20.9%の高視聴率をマーク。世代の違うジャニーズ勢を投入したことが高視聴率に結びつき、同じキャストで09年に連続ドラマ化された。この時、3人は「The SHIGOTONIN」という時代劇トリオを結成して、CD「鏡花水月」をリリースしている。

「撮影が都内ではなく京都で連泊だったため、結束力が高まったそう。ある夜は、飲んだ店から泊まっていたホテルが近かったこともあり、松岡の部屋で2人で飲み直すことになりました。翌日、松岡は朝の7時起きで9時に現場入り。大倉は夕方の5時入り。すでに泥酔状態だった大倉は、ツインのベッドで爆睡。翌朝、松岡は『先に出ます。カギはあとで楽屋でちょうだい』とメモを残し、起こさないようカーテンも開けずに退室したそうです。さすがは兄貴ですね」(前出・女性誌ライター)

2人は、08年7月期の松岡主演連ドラ「ヤスコとケンジ」(日本テレビ系)でも共演。TOKIOは94年にデビューし、関ジャニはそのちょうど10年後の04年にデビュー。キャリア差があるが、同じドラム担当。35歳(大倉)と44歳(松岡)の年齢差も、「必殺」でつながった絆とドラムという共通点で気にならないようだ。

“小僧”大倉にとって松岡は、永遠の兄貴なのだ。

(北村ともこ)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ