本格的な野球ボール型ポーチに入ったエコバッグ誕生!

IGNITE


赤い縫目が美しい、野球のボール型ポーチに入ったエコバッグが登場。持ち歩きやすく、そして野球好きは注目したいアイテムだ。



一光ユニテクスの「rebolld(リボルド)」が新商品として販売を開始するのは、今や生活の必需品ともいえる”エコバッグ”。特徴として、付属するエコバッグポーチが、硬式野球ボールを製造する一光ユニテクスだからこそ出来る本格的な野球ボール型であること。

常にプレイヤーやファンを魅了してきた赤い縫目の魅力をいつも手元におきたい、というファンの要望に応えて、「野球ボール型ポーチ&エコバッグ」が誕生した。



■エコバッグ携帯時・使用時ともにお洒落なワンポイントに
硬式野球ボール製造の技術の中で、最も経験を必要とするハンドステッチ。今回、硬式野球ボール製造の職人が、野球ボールと同様の製造方法で作るのは、野球ボール型のエコバッグポーチだ。

ポーチはカラビナ付きの為、携帯時には鞄やベルトに、使用時にはエコバッグ本体に取り付けて、ワンポイントとしてもお洒落に使用できる。



■コンパクトでもしっかり入る丁度よいサイズ
エコバッグの大きさはW310㎜×H330㎜と、持ち運びしやすいコンパクトなサイズ。ペットボトルが2リットル×2本と500ml×3本がスッポリと入る丁度よい大きさだ。

また、エコバッグの生地はパラシュートナイロン生地の為、肌触りも良く、触っていて気持ちのいい素材であり、型崩れしにくく、丈夫な素材なので持ち運びにも最適。



■硬式野球ボールの同様の製造方法
硬式野球ボールの製造で重要な工程である縫い合わせ作業は、機械ではなく全て手作業。今回の野球ボール型ポーチも、硬式野球ボールと同じ工程で手縫いでの縫い合わせを行っている。



【baseball pouch & ecobag】
サイズ:エコバックW310×H320 持ち手160(mm)
価格:2,900円(税込み)



■rebolldについて
創業1952年。硬式野球ボールの製造メーカーとしてスタートし、数々の記録や名シーンの裏には常にこのボールがあった。高校・社会人野球の公認球やプロ野球でも愛用され、王貞治氏が世界記録の756号ホームランで日本中を沸かせた、あのボールもrebolldのボールだった。そして、野球の楽しさを日常生活にも取り入れてほしいという想いから、『rebolld』の商品が誕生した。

持っていてもおしゃれなエコバッグを手に入れよう。

商品ページ:https://www.rebolld.com/baseball-type-ecobag
URL:https://www.rebolld.com

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ