12人が熱く盛り上げた『キラメイジャーVSリュウソウジャー』舞台挨拶

4月29日より全国の映画館にて上映中のVシネクスト『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』。上映直前である4月27日に都内で行われた豪華キャスト陣の舞台挨拶の様子をレポートしよう。

イベントにはキラメイレッド/熱田充瑠役=小宮璃央さん、リュウソウレッド/コウ役=一ノ瀬颯さんほか、キラメイジャー・リュウソウジャーの戦士キャスト12人がコスチューム姿で登壇。MCをスーパー戦隊親善大使・松本寛也さんが務め、和気あいあいとした雰囲気でトークが展開された。

まずは、お互いのスーパー戦隊に対してどんな印象があるかという質問から。小宮さんの「リュウソウジャーの皆さんは、力強くて仲間意識、絆が強いイメージがあります」といいう答えに「もうちょっといいこと、いっぱい言って」と、リュウソウゴールド/カナロ役=兵頭功海さんが声をかけ、「イケメンとかわいい子がたくさんいる」と小宮さんがコメントをプラス。すると周りから「かわいい子、一人しかいない(笑)」といった言葉が飛び交い、場の雰囲気を和らげる。

一方、一ノ瀬さんはキラメイジャーについて「『リュウソウジャー』以上にコメディ要素が強いところが印象的。リュウソウジャーのコメディパートは、僕(コウ)とバンバで頑張っていました」とコメントすると、すかさずリュウソウブルー/メルト役=綱啓永さんが「いや、俺(メルト)だろ!」とツッコみが。リュウソウジャーチームも、変わらぬ仲の良さを見せつけた。
坂本浩一監督作品ということで、たくさんのアクションシーンが見どころとなる本作。キラメイブルー/押切時雨役=水石亜飛夢さんは、「TVシリーズでは素面アクションが少なかったので、今までで一番素面アクションが多かったです」と、やりきった表情で振り返り、作中で時雨と一緒に時代劇の世界に入っていくリュウソウブラック/バンバ役=岸田タツヤさんも「肌の露出の多い衣装を着て、身体を張ったのでぜひ見ていただきたい!」とアピールした。

水石さんは「殿っぽい、綺麗な立ち回りを心がけたのですが、一日中トイレを我慢しながら殺陣に臨みました。表情を見て『押切時雨、トイレを我慢しているんだな』と感じながら観てほしい」と謎アピールすると、キラメイイエロー/射水為朝役=木原瑠生さんは「ヒーローをそんな目で見たくない……」と渋い顔を浮かべた。

作中で、スケバン映画の世界にやってくるのはキラメイピンク/大治小夜(演・工藤美桜)と、リュウソウピンク/アスナ(演・尾碕真花)。「美桜ちゃんのアクションは小夜のキャラを活かしているので、流すような細かいアクションが多い。難しそうだなと……」と尾碕さんの言葉を受けて、工藤さんは「合気道の動きはTVシリーズの時から難しかったです。アスナちゃんのアクションがお上手だったので、現場でモニターを観て研究していました!」と返して、お互いを讃え合う。工藤さんの言葉を聞いたリュウソウジャーの男性キャスト陣は「『リュウソウジャー』TVシリーズの撮影時、アクションに失敗して泣いてたアスナが……」「成長したね」と労わり、尾碕さんはニッコリ。

また、昭和のヤンキー感溢れる衣装について、尾碕さんは「特攻服は着てみたいと思っていました。スタッフさんからも『アスナの普段の衣装より、こっちのほうが似合ってるんじゃない?』と言われたりも」と、そのハマりっぷりを大いに期待させる発言も。

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

キラメイグリーン/速見瀬奈(演・新條由芽)とリュウソウグリーン/トワ(演・小原唯和)は、作中でアクション映画の世界へ。新條さんは「瀬奈とトワくんは速さが強みの戦士で、追いかけっこしながらパルクールを披露した。すごくカッコよくできたと思います」と自信をのぞかせるも、一方の小原さんは「台本に『パルクールをする』と書かれていて戸惑った」とコメント。松本さんからの「運動神経は悪くないでしょ?」という言葉に、岸田さんが「良くはないです」とピシャリ。「そこは『良い』って言ってくれないと!」という小原さんの  ”疾風の騎士” らしい即座の反論が、場を大いに湧かせていた。

為朝とメルトのチームのブレインコンビは、作中でギャンブル映画の世界にやってくる。木原さんは「リュウソウジャーの皆さんは、衣装が変わったことがあまりないと聞いた。僕(為朝)も他のメンバーと比べて(TVシリーズで)ほぼ変わらず、一年間で3着しかなかったんです。今回の衣装合わせの際に、30秒で『これだ!』と決めました」と、念願の衣装替えに力が入ったそうだ。

ディーラー役を務めるメルトを演じるため、綱さんは「カードのシャッフルの仕方をメチャクチャ練習しました。マスターしたので、それ以降友達とトランプをする時は僕がシャッフルをするようになりました」と誇った表情に。手の綺麗さを褒めてくれる木原さんに「僕のファンの方がよく言ってくれます」と笑顔を浮かべる綱さん。

妹がいる設定という共通点があるキラメイシルバー/クリスタリア宝路(演・庄司浩平)とリュウソウゴールド/カナロ。妹との共演を振り返った兵頭さんは、「(オト役の田牧)そらちゃんと久々に会えた。7センチも身長が伸びたそうで、ちょっと大人の女性になっていました」と、兄目線で成長を喜んだ。また敵幹部・ヨドンナに求愛してしまうカナロについて、「オトちゃんとマブシーナと3人で、カナロ、何やってんだろうなと」と庄司さんが呆れ顔でコメントしていた。 

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

今回の主題歌『キラフルパーティーdeキラケボーン』は、各TVシリーズのEDテーマのダンスをミックスしたような振り付けの楽しい楽曲。2大ヒーローによる、今回限りのレアなダンスパートも注目ポイントだ。

踊ってみた感想について、一ノ瀬さんは「キラメイパートは複雑な振りが多かった」と苦戦した様子で、リュウソウジャーの面々も共感してうなずく。庄司さんは「大人数で踊るとなると、僕の立ち位置は一番後ろになることも。なんとかして目立たないといけないと思って(踊った)」と語ると、木原さんが「すごく変な動きだった。(撮影中は)笑ってはいけないのに思わず笑ってしまった」と苦笑い、水石さんと工藤さんも「大打撃だった」と庄司さんに苦言を呈していた。

ここで、突然のサプライズが! 実はこの日は、新條さんの23歳の誕生日。『キラメイジャー』のチーフプロデューサー・塚田英明さんから、新條さんに花束が贈られたのだ。新條さんは「びっくり。緑のお花かわいいです。ありがとうございます!」と笑顔で応えた。

最後に、一ノ瀬さんは「今、こうしてみんな揃って舞台に立てていることがすごく幸せ。『リュウソウジャー』は、2年以上にわたって様々な困難に直面したスーパー戦隊だと思います。でも悲しい言葉を並べるだけでなく、今、こういうことができていること、当たり前のように日々生きられていることにすごく感謝できるスーパー戦隊でもあります。僕たちはそういう気持ちを持って、今回この作品の随所に、2年以上の想いがつまったソウルを置いてきました。この作品を観てそのソウルを拾い集めて、僕たちが2年以上培ってきた大きなソウルを僕たちと共有してもらえたら」と語った。この言葉に、リュウソウジャーの面々は「完璧!」「泣きそうになった」と大絶賛。すると一ノ瀬さんは照れ臭そうに笑いながら、「こんな頼りない座長を支えてくれた皆さんに拍手をお願いします!」と拍手を誘い、会場はあたたかな空気に包まれた。

小宮さんは仕切り直す場面もありつつ、「大変な思いを僕たちはしてきましたが、そういうご時世にやっていたのが『キラメイジャー』でよかった、『リュウソウジャー』でよかったという声をたくさん聞けてすごく嬉しい。思いや集大成をこの作品に詰め込んできたので、ぜひ観ていただけると幸いです」と締めくくった。


>>>舞台挨拶の様子をすべて見る(写真11点)

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ