『青天を衝け』第12回 “栄一”吉沢亮、高崎城乗っ取り計画を断念 京都へ向かうことを決意

 俳優の吉沢亮が主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)第12回「栄一の旅立ち」が今夜放送される。高崎城乗っ取り計画を断念した栄一(吉沢)は、喜作(高良健吾)と共に京都に旅立つ。

役人に追われる栄一と喜作をボロ屋に引き込んだのは円四郎(堤真一)だった。円四郎は一橋家に仕えないかと勧めるが、栄一たちは断る。

そして血洗島村に戻った栄一は、惇忠(田辺誠一)らと高崎城乗っ取り計画の準備をする。だが、そこに京都から長七郎(満島真之介)が戻り、涙ながらに中止を訴える。

計画を断念した栄一と喜作は、再起をはかるため、村を離れ京都に向かうことを決意する。

大河ドラマ『青天を衝け』第12回「栄一の旅立ち」は、NHK総合にて5月2日20時放送。BSプレミアム、BS4Kにて18時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ