読書を“もっと楽しくする”3つのヒント

アサジョ


 読書時間を楽しんでいますか? もっとゆっくり読書に向き合いたいのになかなかできていないという場合は、読書グッズにこだわってみるのも一つの方法ですよ。読書をしたくてたまらなくなる“読書のお供”、みつけてみてはいかがでしょうか。

■お気に入りのブックマーカーを使う

ブックマーカー(しおり)は、本の続きを読む際に使うアイテム。お気に入りのデザインのものを使うと、持ち運びたくなる意欲も膨らみます。いくつか持っていると、気分や本の種類に合わせて使い分けることもできますよ。

■ブックエンドにこだわる

ブックエンドは、設置の仕方によってインテリアとしても映えますよね。本棚の中だけでなく、机やテーブルの上に本を数冊だけ置いておきたいときにも便利です。本棚にしまい込むとなかなか手に取らなくなってしまう場合は、お気に入りのブックエンドに挟んで目につく場所に置きましょう。

■ブックスタンドで読書の幅を広げる

ブックスタンド(本立て)に本を入れれば、両手で本を持たずに読書を楽しむことができます。テーブルに置くだけでなく、ベットなどで横になりながら読書ができるタイプもあります。

レシピ本などは料理中で両手が塞がっているときでも必要なページが確認できますし、手指をマッサージしているときなどリラックスタイムに本を楽しむこともできます。触れないとページを繰ることができないため、読書に没頭したいときには向きませんが、本と共に過ごしたいときにはオススメです。

直接本に使うグッズ以外にも、座りやすい椅子や防音イヤホンなど、本に没頭できる環境作りにこだわるのもよいでしょう。読書時間をより楽しく快適にして、読書をもっと楽しんではいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ