岡本玲、傳谷英里香、とろサーモン・久保田かずのぶらが小泉孝太郎主演『警視庁ゼロ係』にゲスト出演

テレビドガッチ

4月30日から小泉孝太郎が主演を務める金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)がスタート。第1話には、久保田かずのぶ(とろサーモン)、小手伸也、岡本玲、傳谷英里香らがゲスト出演する。

本作は、警察小説・時代小説を多く生み出した作家・富樫倫太郎の「生活安全課0係」シリーズをドラマ化した作品のシーズン5。厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署の「なんでも相談室」通称ゼロ係を舞台に、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹扮する“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”はもちろん、毒舌の事務員・本条靖子役に安達祐実、岩手訛りが抜けない、ゆとり世代の巡査・太田文平役に戸塚純貴、ムードメーカーだが酒乱の係長・横山建夫役の片岡鶴太郎といった個性的な面々が、さまざまな難事件を解決していく姿を描いていく。

また、今シーズンからは、石田明(NON STYLE)と中山美穂がレギュラー出演する。石田が演じるのは、捜査一課に配属されたが、事もあろうに警視庁の参事官を誤認逮捕してしまい、不本意にも「なんでも相談室」の新メンバーとなる大林夏彦。夏彦は、1月に放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~出張捜査スペシャル』に登場した、静岡県警・須那署「よろこんで相談室」に勤務する大林秋彦の双子の弟。秋彦は、冬彦と同じ「赤」と「かぶ」がトレードマークだが、夏彦は「黄緑」を身にまとい、甘いものが大好きな「スイーツ男子」だ。そして、中山が演じるのは、警視庁刑事部・捜査一課・管理官の保科玲。10年前、冬彦が科学警察研究所にいたときのチーム長で、冬彦とは深い関係が?

<第1話あらすじ>
管轄内で、社会学者でワイドショーの辛口コメンテーター・中澤達也(久保田)の遺体が見つかる。結束バンドで手足を縛られ、水たまりに顔を押し付けられ殺害されていた。そして遺体の周りにはアネモネの花が……。

冬彦(小泉)と寅三(松下)が現場に駆けつけるとすでに捜査一課の鬼塚純平(本宮泰風)らが到着しており、ゼロ係の2人は邪魔者扱いされてしまう。

そこへ管理官の保科玲(中山)がやって来る。玲は冬彦の科警研時代の先輩だったが、なぜか冬彦と寅三に冷たくあたる。その後、ジャーナリストの堀進(住田隆)が同じ手口で殺される第2の事件が起きる!

冬彦となんでも相談室は辛口コメンテーター連続殺人事件を解決することができるのか!?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ