アラサー女子なら共感必至!? 若い子をひがんでしまう瞬間4つ




アラサーくらいの年齢は、様々な経験を積んで女としての魅力も増してくる頃ですよね。ですが年齢にシビアな女子は、自分よりも若い子を見るとどうしてもひがみっぽくなりがち。今回は、そんなアラサー女子なら共感できるであろうエピソードをご紹介します。

曲を知らない

「前に働いていた職場で仲良くなった年下の女の子と、今でもごはんに行ったり家へ遊びに行き来する仲なんです。
ある日うちに来て音楽番組を見ていたときに、高校生の頃に流行していた曲が流れたので『これめっちゃ懐かしい! よくMDで聞いていたな』と言ったら、『私この曲小学生のときに聞いたなー。てかMDってなんでしたっけ?』と言われジェネレーションギャップを感じました……。今は友達感覚で接しているけど、けっこう年齢差があるんだったと思い知らされましたね」(ブライダル関係・32歳)

▽ 流行した音楽によって年齢がバレてしまいますよね。今はスマホで音楽を聞いたりワイヤレスイヤホンが主流ですが、当時はMDを持ち歩いてラベルに曲名を書いたりと、かなりアナログな時代だったことを思い出してしんみりとしてしまうアラサー女子も多いでしょう。

合コンで若さアピール

「合コンに自分より若い子を連れて行くと、必ず男性陣から年齢でイジられます。またその子もちょいちょい若さアピールをするんですよね。二次会に行くかどうかってなったときも、若い子は『私まだ全然元気だから行く!』とか張り切っているけど、それってすでに眠いアラサーの私に対する嫌味!?」(保育士・33歳)

▽ 「若い=モテる」というわけではありませんが、やはり若さには勝てない部分もありますよね。引き立て役になったりイジられキャラを買って出たり、アラサーならではの苦労もあるようです。

30代はおばさん扱い

「20代前半の子たちが会話しているのが聞こえてきたのですが、『やっぱり今の若いうちにいっぱい遊んでおくべきだよね』『30代になったら一気に老けるし出会いもなくなるしもう終わりだよ』と話していて、どんだけおばさん扱いするんだ! とムカつきました。
まぁ確かに自分の若い頃は30代はおばさんなイメージだったけど、いざなってみるとまだまだイケるんじゃない? と思っています(笑)」(アクセサリー作家・35歳)

▽ 20代からしてみれば30代はかなり年上のイメージなのかもしれませんが、むしろ大人の魅力や色気があり、まだまだ男性からもモテる年代です。いずれ30代になることは誰もが同じなので、あまりおばさん扱いしないでほしいですよね。

肌の悩み



「若いからといって自慢する女は好きじゃないけど、肌に関しては何も言えないですね。30歳を超えたらシミや肌のくすみを感じるようになって、今まで気にならなかったことが気になるようになってきました。それなのに『あー、最近肌荒れするー』ってハリのある肌の子に言われてもイライラするだけです」(webライター・31歳)

▽ ひがみが炸裂していますが、肌の変化は仕方がないことですよね。ですが早めにエイジングケアを始めたり美容に力を入れるなど、美しくなる努力を怠らなければいくらでも輝き続けることができるはず!

若い女の子は無条件でかわいいですが、アラサー女子にしかない武器だってあります。「もう歳だから……」と卑下することなく、ポジティブに年齢を重ねていきたいですよね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ