当たり前だからこそ♡「いつも近くにいる人」が急に恋愛対象になる理由って?

ハウコレ



いつも近くにいる異性のことを恋愛として意識したことがありますか?近くにいるだけに恋愛として考えていなかったという人もいるでしょう。

しかし、時間はかかったとしても気付いたら恋愛対象になっていたということも多々あります。近くにいるからこそ、気付くのに時間がかかっただけですね。

ただ、いつも近くにいながら今までは何とも思っていなかったのになぜ急に恋愛対象になることがあるのでしょうか。その理由について紹介します。

■近くにいる心地よさが分かる
いつも近くにいる異性というのは、元々相性がいいのかもしれません。心地よさがあるからこそ、いつも近くにいることができ、どこか安心することもできているのです。

その心地よさについて自分が気付いたとき、「もしかしたら好きなのかもしれない...」「こういう人が恋人だったら一番うまくいくのかも知れない...」と思うようになりませんか?

近くにいる心地よさというのは、他の人では叶えることができない魔法みたいなものです。だからこそ、恋愛を意識するようになるのでしょう。

■離れるのが考えられない
いつも近くにいると、遠くにいることが考えられなくなりませんか?付き合っていなくても、恋愛対象でなくても、何かと相手のことを頼りにしてきた自分もいるでしょう。

しかし、ふとしたときに「もしかしたら相手にも恋人ができるかもしれない...」と考えることがありますね。そうなると「離れるのは考えられない...」という気持ちが出てくるでしょう。

自分が相手とずっと一緒にいたいということに気付いたとき、相手のことが恋愛対象になるのです。

■男らしさにドキドキする
いつも近くにいる人は、恋愛対象じゃないときは女友達と同等になりますね。異性として見ていないため、男としての魅力にはなかなか気付くことができないでしょう。

しかし、ふとしたときに男らしさを感じたら「やっぱ男と女は違うな...」「男らしさを持っていたんだ...」「この人も男だったんだ...」と思ってドキドキしますよね。

そのドキドキが忘れられなくなり、気付いたら恋愛対象になることもあるのです。

■女性扱いをされた
例えば、急にきた車から守ってくれた、「女なんだから...」と言ってくれたなどのように女性扱いをされることもあるでしょう。

そんなとき胸キュンしたら、いつも近くにいる人がいきなり恋愛対象になることもありますよね。「私のことどう思っているの?」という気持ちも強くなるでしょう。

もしかしたら、相手からはずっと女性扱いをされていたのに、自分が気づいていなかっただけということもありますよ。そのため、気付いた瞬間に恋に落ちているのです。

■そばにいる人がいきなり恋愛対象になることもある
一番近くにいる異性ほど見落としがちですが、実は一番相性がいい相手であり、一番理解しあうことができる相手である可能性が高いでしょう。恋愛対象に急になることもあるので、近くにいる異性のことも考えてみてくださいね!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ