仲間由紀恵、法医学研究室の”女王様”に バディ役”ワンコ”にSixTONES・松村北斗

クランクイン!

 女優の仲間由紀恵が、5月31日20時放送のドラマ『女王の法医学~屍活師~』(テレビ東京系)で主演を務めることが発表された。仲間はテレビ東京のサスペンスドラマ初主演。

杜野亜希による人気漫画を実写化する本作は、大学の解剖室で女王と呼ばれる法医学者が、医学生“ワンコ”と共に、物言えぬ死者の代わりに正しい死因と真相を突き止めていく、本格的な法医学ドラマ。

仲間が演じる主人公・桐山ユキは、法医学研究室の准教授。原因不明の死を遂げた遺体と「会話」し、解剖から得た情報により死んだときの姿が「見える」という天才的な能力を持ちつつ、その身勝手ぶりから“女王”と呼ばれている。

また、脳外科希望にもかかわらず桐山の所属する研究室に配属された医学生の犬飼一役には松村北斗(SixTONES)。犬飼を“ワンコ”と呼びこき使う桐山のもとで学びながら、事件を通して次第に法医学に引かれていく役柄を演じる。

2人が所属する研究室の教授で、犬飼を優しくフォローする丹羽嗣仁役に石坂浩二、桐山とは犬猿の仲でありながら、時には協力して事件解決へ導く県警本部の警部補・村上衛役に田辺誠一と実力派のキャストが集結した。

桐山と犬飼が立ち向かうのは、不倫を疑われている教授と秘書の遺体が車中で発見された事件。一酸化炭素中毒による心中として処理された事件を、遺体の解剖を通して真実にたどり着くことはできるのか。

もともと原作漫画を読んでいたという仲間は「私が演じる桐山ユキは、女王様と言われている意味がよくわかるというくらい、上からの口調でぶっきらぼう。ですが、技術的には天才と言われていて、さらにミステリアスな部分も相まって、さすが女王様というようなキャラクターだなと思いました。また、ちょっと変わった面白いキャラクターでもあって、このような振り切ったキャラを演じるのは面白かったですし、独創的な世界を創っていけたらいいなと思っています」と話す。

共演の松村は「犬飼一は、とてもキャラクター的で絶妙にいそうでいなさそうな人だなと思いました。そのため、こういう人もいなさそうでいるよなと納得してもらえるようにお芝居できたらと思います」としている。

月曜プレミア8『女王の法医学~屍活師~』は、テレビ東京系にて5月31日20時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ