『コントが始まる』有村架純のオタクっぷりがリアルすぎる!?<第2話あらすじ>

#ドラマに恋して

※画像は『コントが始まる』公式Instagram(@conpaji_ntv)より

 

菅田将暉さん、神木隆之介さん、有村架純さんら豪華共演で話題のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、毎週土曜よる10時)。第2話が4月24日に放送されました。

 

『コントが始まる』ってどんなドラマ?

本作は、同系列のドラマ『俺の話は長い』で向田邦子賞を受賞した金子茂樹氏によるオリジナル脚本の群像劇。

 

高岩春斗(菅田将暉さん)、朝吹瞬太(神木隆之介さん)、美濃輪潤平(仲野大賀さん)によるお笑いトリオ「マクベス」は、売れないまま結成10年目を迎えようとしていました。

そんなマクベスが通うファミレスでパートとして働いているのが中浜里穂子(有村架純さん)。里穂子は、マクベスが週に1回、打ち合わせのため店にやってくるうちに彼らのファンになってしまいます。そんな里穂子を見て一緒に暮らす妹の中浜つむぎ(古川琴音さん)は不思議そうに首をかしげますが、そんなつむぎをよそに里穂子はマクベスにのめり込んでいきます。

意を決して、初めてマクベスの単独ライブを訪れた里穂子でしたが、そこで発表されたのはマクベスの解散。ショックを隠せない里穂子でしたが……。

 

ドラマ冒頭にマクベスが行うショートコントが物語の前フリとなっているという作りも視聴者の期待を高めています。

『人生』とは壮大な『コント(喜劇)』である!? 

コント師である3人の男と、彼らと出会った姉妹の人生はどのように動いていくのか……。

 

初回からマクベス解散宣言という驚きの展開に……『コントが始まる』第2話ではどうなったのでしょうか。あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第2話のあらすじは?

芸歴10年目のお笑いトリオ・マクベスの3人、高岩春斗(菅田将暉さん)、美濃輪潤平(仲野太賀さん)、朝吹瞬太(神木隆之介さん)は、中々芽が出ず、ついに解散を決断する。Xデーまであと2か月の中、それでも全力でライブを行う3人は、今回はコント「屋上」を披露する。屋上から飛び降りようとする瞬太を、春斗と潤平がどこかズレた説得をし笑わせようというシチュエーションだったのだが、終盤、潤平と瞬太はある「アドリブ」のセリフを用意していた。

 

コント披露の数日前、春斗は瞬太から、潤平のある秘密を聞かされる。高校時代の文化祭で潤平が春斗を誘ってコントを行い、それがマクベスの原点にもなっていたのだが、実は潤平は春斗を一番最初に誘っていなかった(3番目に誘っていた)という事実があったのだ。今までそんな話を聞いたことが無かった春斗はこれに怒り心頭、潤平に対し「お前にとって俺は、第3希望の滑り止めだったんだろ!?どうせ俺は大して面白くないと思ったんだろ!」と詰め寄り、潤平も「マクベスでやってきたこの10年否定すんのか!」と応戦。2人は仲違いをしてしまった。

 

一方、瞬太にもある秘密があった。瞬太は学生時代「僕は27歳までの人生です」と、とあるインタビューで語っていたが、コント披露の数日前28歳の誕生日を迎えようとしていた。そのインタビューを認知しており、真に受けて心配した、彼らのファンである中浜里穂子(有村架純)は瞬太が自殺するのではないかと心配し、春斗と潤平に声をかけ瞬太を捜索。果たして瞬太は夜の桟橋上で思い詰めた表情をして佇んでいたが、本人は自殺の意思など無いと強調。「マクベスとして舞台に立てる時が多くないって思ったら、全部のネタが愛おしくなって。『屋上』のコントもどこか自分と重ねてリアリティを持たせたくなったんだ」と弁解した。

 

そしてコント「屋上」を披露した当日。終盤でまず潤平が春斗の目をまっすぐ見つめ「お礼を言わせて。あなたを選んで良かったわ、本当よ」と語ると、瞬太も真剣な面持ちで「命を救って頂いてありがとうございました。もう二度と死のうなんて思いませんから、安心してください」と告白、そのままオチを迎えた。帰り際、春斗は2人に「メチャクチャスベってたじゃんかよ」と毒づきつつも、どこか嬉しそうな表情で打ち上げの飲み会に参加するのであった。

 

里穂子がオタクっぷりを遺憾なく発揮!

単独ライブに行ったことでマクベスにファンだと打ち明けた形になった里穂子。だからと言ってマクベスの反応が変わるわけでもなく、相変わらず彼らはファミレスへとやってきます。さらに瞬太はつむぎのお店の常連ということもあり、姉妹とマクベスの繋がりは強くなるばかり。

 

そんな時、里穂子が見たのはファミレスで瞬太が遺書を書いているところ。心配した里穂子は春斗に相談しますが、それは『屋上』のコントに使うやつだから、と笑い飛ばします。

もちろん、そんなことは存じ上げている里穂子。書いていたのはコントには必要のない「遺書の中身」であること、そして瞬太がプロゲーマー時代によくインタビューで「27歳までに死ぬ」と話していたことから、不安を大きくさせてしまったのです。

さらに、潤平が春斗たちにも明かしていないようなブログの存在も知っています(それもここ2年は更新されていない)。のめりこんでしまうタイプなもので、と里穂子は言っていましたが、ハマり始めた当初ってそういうのが楽しいんですよね……。

名前とプロフィールを把握し、とりあえず今すぐ観ることができる動画を観尽くしたら、過去へとさかのぼっていく。マクベスの場合、10年の歴史があるのでそれなりの発掘するべきものがあったでしょうが、潤平がひっそりとやっていたブログの存在まで知っていたとなると、表に出ているマクベスのことはだいたい知っていますね、おそらく……。

でも、それだけファンになってしまった相手と飲み会に行ったり、トリオに深く関わっていくことになると、ちょっと里穂子のメンタル面も心配だったりします……。

 

 

マクベスの結成の秘密と、それぞれの気持ち

高校時代、潤平にコントの相方として誘われたのは自分が最初ではなかったことを知った春斗は荒れます。何も、このタイミングで明らかにならなくてもいいのでは、という。

で、潤平というとコントをしようと思い立った理由が恋だったわけですからね。彼女を振り向かせるために始めたコントを、彼女との結婚のためにやめようとしている。一体潤平自身は、本当はどうしたいのでしょうか。

 

春斗も似たようなことをマネージャーの楠木から問われます(ってマネージャーが中村倫也さあああああん!!!! ちょっと疲れている感じが良い~!!)。10年が区切り。ここでやめたらまだ取返しがつく。でももう少しがんばったら売れるかもしれない。そんなふうに揺れ動いているのでしょう。

 

 

それにしても、28歳の菅田将暉さんたちが高校生役やっているの、なんとなくこうもしっくりくるのがすごい。部活の描写とか自然すぎて何の違和感もありません。菅田将暉さんなんてもう教師役やっているぐらいなのに。

こう、男子高校生が3人で楽しそうにワイワイしているのは何とも和みます。そんな時間がずーっと続けばいいのに、と思ってしまいますが、28歳ではもうそんなことを言っていられない……のでしょうか。

 

 

どうなる第3話!?

次回のテーマは兄弟、姉妹。

元気がない里穂子を心配するつぐみ、そして完璧人間だった兄・俊春を心配する春斗。2つのきょうだいにどのような結論が出るのでしょうか。

 

 

見逃し配信サービスも!

第2話を見逃したという方は、民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』および『日テレ無料TADA!』で期間限定で無料配信。この機会にお見逃しなく。また、『hulu』でも配信(無料トライアルあり)しておりますので、そちらでもどうぞ。

 

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『日テレ無料TADA!』

『hulu』

 

過去放送分もチェック

『コントが始まる』第1話あらすじ

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ