SixTONES・田中樹が”ジャニーズのタモリ”となる日

 

SixTONES・田中樹の評価がとどまるところを知らない。今月16日からスタートしたTBS系クイズバラエティ『オオカミ少年』ではメンバーのジェシーとともにレギュラー出演中。初回放送分においては同番組でMCを務める浜田雅功にも決して引けを取らない”トーク力”を披露し、業界関係者の間から「さすが」と絶賛されるコメントが相次いだ。

 

トーク力は若手ジャニーズNo.1

ニッポン放送の『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』も好評だ。ここでは田中がメインパーソナリティーを務め、週替わりで登場するもう1人のメンバーを相手に軽妙なDJぶりをいかんなく発揮している。

 

「基本的に”ボケ役”の他の5人のメンバーが周りを固める中、まとめ役的な存在になっているのが田中君。本当はボケ役をやりたいらしいが、あえてその気持ちを押し殺し、他のメンバーたちのトークをきっちりまとめている。グループの公式YouTube動画でもオープニングのシーンでメンバーが一斉にボケまくるのはお馴染みになっているが、収拾がつかなくなりそうな展開のところで本来の企画を進める重要な役割を果たす。グループ内ではラップ担当も担っているので、彼の頭の柔らかさと即興力がトークにも存分に生かされている。とにかく、田中君のトーク力は業界内でも『ジャニーズ若手ナンバー1』と言われています」(民放局プロデューサー)

 

田中本人はジャニーズを退所した中居正広や大先輩の櫻井翔・村上信五を深く尊敬しており、3人のように数々の番組で司会やMCをこなせるトーク力を身につけることを当面の目標としている。とはいえ、その夢も現実に近づきつつあるようだ。

 

ジャニーズが描く田中樹のシナリオ

前出の民放局プロデューサーは「今秋の番組改編時の話ですが」と前置きし、次のように打ち明けて田中を巡る極秘プランが進んでいることを匂わせている。

 

「実はNHK、フジテレビ、テレビ朝日の3局が田中君をMCとする冠番組の企画を立てている。仮にこの3番組が一気に決まったら、田中君は日本の芸能界でも一躍トップ司会者の仲間入りです。もちろん多忙な人気者なので今後の調整等が必要不可欠ですが、たとえ企画段階でも候補に挙がるのはやはり田中君のトーク力のポテンシャルがそれだけ業界内で高く評価されている証拠と言えます」

 

ジャニーズの事情に詳しい芸能評論家兼スポーツライターの後藤茂喜氏も「ジャニーズ側は田中を中居、櫻井、村上とは違ったポジションに置きたいと考えている。将来的にはタモリのように博学の知識も身につけ、幅広いジャンルで司会業やMC、あるいはトーク番組に出させるシナリオを描いていると聞いていますよ。田中ならば事務所の期待に応え、ジャニーズのタモリになれるはずです」と指摘。将来的に芸能界の大御所・タモリの領域へと近づかせようと、ジャニーズ側が田中のマルチタレント化を図ろうと密かに計画していることを明かした。

 

かつてタモリは長年に渡って国民的バラエティ番組『笑っていいとも』(フジテレビ系)の人気対談コーナーだった「テレフォンショッキング」で絶妙のトーク術を披露し、確固たる地位を築き上げた。田中も同じように長寿番組の司会業を務め”ジャニーズのタモリ”となる日がやって来るのかもしれない。

※トップ画像は、Ned Snowman / Shutterstock.comより

WRITER

  • 四海方正
  •        

  • 芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ