まさかの結末!?切り花を長持ちさせるには○○が一番!【身近な6つで比較♪】

暮らしニスタ


こんにちは!家事コツ研究室、研究員のSです。

春から初夏にかけては、花の季節。生花店には色とりどりの花々が並んでいます。
ただ、見た目がよいお花は値段もそれなりで、「すぐ枯れちゃうしなあ~」とお財布とにらめっこしちゃいませんか?

花の持ちがよくなれば、楽しめる時間が長くなるのに~!
そう思って、“切り花が長持ちする方法”を調べてみると、さまざまな情報が……。

そこで、切り花が一番持つのは一体どの方法なのか、実験開始です!

延命剤の代わりに、キッチンにあるものを使いたい!


「切り花を長持ちさせる方法」とインターネットで検索してみると、たくさんの情報が出てきました。
手っ取り早い方法は、花の延命剤を使うこと。生花店の店先で売っていますね。

でも、お花を買う上にプラスの出費はちょっとイタい……。そこで延命剤に変わるものとして、検索でヒットした6つのものを試してみることにしました。

ガーベラで、どれが一番日持ちするのか試してみた!




今回比較することにしたのは、以下の6つ。

1 漂白剤(キッチンハイター)
2 お酢
3 砂糖
4 食器用洗剤(ジョイ)
5 10円玉
6 サイダー(三ツ矢サイダー)

どれも身近にあるものばかりです。ネット上では、切り花が長持ちする理由として、

・漂白剤と食器用洗剤と10円玉は、菌の繁殖を抑制するから、
・お酢は酸性がよいから、
・砂糖は栄養分になるから、
・サイダーは酸性でなおかつ糖分が栄養になるから、

など、どれも“なるほど”なことが書かれていました。

どれが一番日持ちするのか、さっそくやってみた!


<実験方法>

①ガーベラを水の中で茎を切り、水上げをする。



②プラコップに100ccの水道水を入れる(ガーベラは水が多いと日持ちが悪くなるため、少なめの水に)

それぞれ、以下の分量を投入。
・漂白剤……1~2滴
・お酢……1~2滴
・砂糖……小さじ2分の1
・食器用洗剤……1~2滴
・10円玉……1個
・サイダー……水とサイダーを5:1の割合で入れる

そして、それぞれのプラコップにガーベラをいけて、スタート!

5日後:漂白剤と食器用洗剤、お酢の茎が茶色に変色


実験から5日後、漂白剤と食器用洗剤を入れたガーベラの茎が少し茶色に変色してきました。お酢は切り口の部分が茶色になっています。



↑食器用洗剤



↑お酢

7日後:お酢にはカビっぽいものが付着。洗剤系も怪しい?!




↑7日後の花の様子

7日後、お酢の切り口にはカビっぽい白いものが付着して漂っています。漂白剤と食器用洗剤の茎もますます茶色に。ここで、10円玉の茎にも茶色のポツポツが出てきました。

砂糖は切り口がうっすら茶色ですが、元気です。もっとも元気なのは、サイダー!茎もまったく茶色になりません。



↑お酢には白いカビが……

9日後:お酢は終了。洗剤系も元気なく……




↑9日後の花の様子

9日後、ついに最初の脱落者が……。お酢につけた花は花びらが萎びてしまい、終了となりました。



↑お酢は枯れてしまいました

食器用洗剤は、まだ枯れてはいないものの茎が茶色に変色しています。漂白剤は茎の一部が茶色になっていますが、まだいけそう。10円玉は、茎にポツポツと茶色の部分はありますが、元気です。



↑食器用洗剤も茎が汚くなってきました

サイダーは、まったく茶色くなりません!

11日後:食器用洗剤も終了


11日後、食器用洗剤も脱落です。その他の花は、まだ上を向いていますが、漂白剤、砂糖、10円玉は花びらの色が悪くなり、茎も曲がってきました。サイダーだけはまだ茎がピンとしています!



↑食器用洗剤も枯れました



↑11日後のほかの花の様子

14日後:一番元気だったのは、サイダー!!




↑14日後の花の様子

想像以上に花の持ちがよく、実験から2週間が過ぎました。まだ枯れてはいないものの、漂白剤はかなり茎が茶色くなって、美しさはもうありません。

砂糖も茎が汚く、水も汚れてしまっています。10円玉は、茎の一部に茶色い部分があるものの、砂糖よりは多少元気という印象です。

この時点で最も日持ちがしているのは、サイダーでした!サイダーは2週間経っても茎が茶色くなることもなく、切り口が腐ることもなく、茎が曲がることもなく、まだピンと花が立っています。

す、すごいゾ、サイダー!

結論:切り花が最も持つのは、サイダー!ないときは10円玉でも◎




↑左から、漂白剤、砂糖、10円玉、サイダーの14日後の茎の様子

今回の実験で、もっとも花が持ったのはサイダーという結果になりました。

実験前、サイダーが一番持たないのでは?と思っていたので見当が大きく外れてビックリ!(→甘いのですぐ腐ると思っていました)

これから花を生けるときに延命剤がなければ、サイダーを入れればOKです!
サイダーをわざわざ買ってくるのが面倒なら、10円玉を1個ぽんと入れるもアリ。
お金は使いたくない……というのであれば、砂糖を少し入れるだけでも花の持ちが長くなります。

洗剤系やお酢は思ったような効果はありませんでした。

今回の結果、ぜひ参考にしてみてくださいね!

文・写真/稲垣幸子

当記事は暮らしニスタの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ