海外音楽情報専門podcast番組『speakeasy podcast』の竹内琢也が選ぶ、1週間の海外ポップソング、海外音楽ニュース(4/23付)

SPICE


海外音楽情報専門podcast『speakeasy podcast』とSPICEの連動企画。毎週金曜日に海外でニューリリースになった楽曲やアルバムの中から、MCを務める竹内琢也がオススメの曲を紹介。SpotifyのNew Music FridayのプレイリストやイギリスのOfficial UK Chartsなどでピックアップされているリストを独自に集計して選んだ楽曲をお届けする。


●気になるニューミュージック●


The Weeknd & Ariana Grande - Save Your Tears (Remix) (Official Video)

●「Save Your Tears」/ザ・ウィークエンド&アリアナ・グランデ

ザ・ウィークエンドの「Save Your Tears」にアリアナ・グランデが参加したリミックス・バージョンが日本時間の4月23日(金)13時に解禁。公開までザ・ウィークエンドとアリアナ・グランデのSNSで1時間ごとに公開までのカウントダウンを行なっていた。2人のコラボレーションは2014年の「Love Me Harder」以来となる。

CHVRCHES - He Said She Said (Official Video)

●「He Said She Said」/チャーチズ

イギリスのエレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズが約3年ぶりの新曲「He Said She Said」をリリース。この曲は新型コロナウィルスの影響もあり楽曲のほとんどをリモートで制作した模様。

Shift K3Y, Tinashe – Love Line

●「Love Line」/シフト・キー&ティナーシェ

イギリス・ロンドンのDJシフト・キーとアメリカのシンガーティナーシェのコラボソング「Love Line」が到着。

Jorja Smith - 'Gone'

●「Gone」/ジョルジャ・スミス

イギリスのシンガーソングライタージョルジャ・スミスが2018年のデビュー・アルバム「Lost & Found」以来の作品となる「Be Right Back」を5月14日(金)にリリースすることを発表。その中からの新曲「Gone」が公開になった。

H.E.R. - Come Through (Visualizer) ft. Chris Brown

●「Come Through ft. クリスブラウン」/ハー

今年のグラミー賞で最優秀楽曲賞を受賞したアメリカのシンガー、ハーとクリス・ブラウンのコラボソング「Come Through」が到着。今月の初めにクリス・ブラウンはこのコラボレーションをほのめかしていた。2019年の「Come Together」以来のコラボレーションとなる。

●この1週間の海外ポップミュージックシーンの動き●


まずアルバムはアメリカのBillboard 200 Chart、イギリスのOfficial Albums Chart Top 100共にテイラー・スウィフトの「Fearless(Taylor's Version)」が制しました。2008年の「Fearless」の再録バージョンとなるのがこのアルバムですが、再レコーディングしたものが1位を獲得したのはBillboardチャート史上初だそうです。そして昨年7月にリリースした「folklore」、12月にリリースした「evermore」に続き8ヶ月と2週間で3作が全米1位を獲得。1年以内に3作が首位に輝いた女性アーティストは彼女が初めてとなります。イギリスでは、ザ・ビートルズの364日間を破り、アルバム3作1位の最速記録(259日間)を樹立しました。

Taylor Swift - You Belong With Me (Taylor's Version) (Lyric Video)

USのシングルチャートではポロ・Gの「RAPSTAR」が1位を獲得しました。

Polo G - RAPSTAR (Official Video)

他には

・ミーガン・ジー・スタリオンが一時的な活動休止をアナウンス→こちら

・ラッパーチカが引退宣言を撤回→こちら

・BBCの名物DJ アニー・マックが卒業→こちら

などが気になったニュースですね。4月22日(#86)配信の『speakeasy podcast』で、お話してますので、お時間ある時にチェックしてみてください。

文=竹内拓哉

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ