“NGT問題”でアイドル卒業の3人は今? 山口真帆連ドラ初レギュラー、菅原りこ「BTSを踊ってみた」

NGT48の元メンバー・菅原りこがBTSのヒット曲『Dynamite』を踊る動画をSNSに公開し、アイドル時代を彷彿とさせるキレキレなダンスで反響を呼んでいる。菅原と言えば“NGT問題”絡みでグループ卒業を発表した頃が思い出される。山口真帆がファンを名乗る男たちに受けた暴行被害事件と運営への不信感を告発したいわゆる“NGT問題”を巡る騒動から、2019年5月18日に山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈の卒業公演が開催された。およそ2年を経て3人は現在どのような活動をしており、“NGT問題”の成り行きはどうなったのか。

菅原りこが4月23日に「BTSさんの『Dynamite 踊ってみました」、間違っていたらすみませんっっ」と投稿した動画を見て、フォロワーから「キレッキレですやん」、「レベルが違う めちゃめちゃカッコいいッス!」といった称賛が寄せられるなか「演技の勉強がもともとダンスの上手いりこさんの基礎にオマージュして表現力がすごいですね」という声があった。NGT48卒業後、菅原はエイベックス・マネジメントに所属して舞台や短編映画などで女優として研鑽を積み、今年1月に上演された塚田僚一(A.B.C-Z)主演舞台『「Mogut」~ハリネズミホテルへようこそ~』ではメインキャストを務めた。3月には『菅原りこ オフィシャルファンコミュニティサロン「Rico, chère」』を開設したりと活発だ。

山口真帆は研音に所属してドラマや映画やイベントへと忙しく、今年は4月期放送の速水もこみち主演ドラマ『結婚できないにはワケがある。』(朝日放送テレビ)でヒロイン・後藤まりこ(若月佑美)の同僚・高田よしえ役でレギュラー出演。さらに映画『ショコラの魔法』(2021年初夏公開予定)で初主演するなど重要な役柄が増えてきた。

長谷川玲奈は声優事務所・クロコダイルに所属してアニメやゲームの声優から吹き替えやナレーション、CMやラジオ番組と多方面に活躍しており、バンダイナムコエンターテインメントによる音楽原作キャラクタープロジェクト『電音部』では神宮前参道學園の犬吠埼紫杏役を務める。

3月15日に20歳の誕生日を迎えた長谷川玲奈が、4月4日にインスタグラムで菅原りこ(20)・山口真帆(25)からお祝いされるところを公開すると「心温まる素敵なスリーショット! おめでとう20歳」、「3人の絆は永遠だね」とフォロワーも和まされていた。2019年1月に山口真帆が前年12月に起きた暴行被害事件を運営が隠蔽しようとしたことからSNSで告発。その後も運営側の不誠実な対応に不信感を持ち、NGT48からの卒業を決意した。菅原りこと長谷川玲奈は“NGT問題”で孤立する山口を支え続けた立場にあり、山口の姿勢に共感して卒業する道を選んだ。そのような経緯からアイドルを卒業した3人がそれぞれに活躍しながら、今でも集まって誕生日を祝う関係にあることを思うと感慨深い。

NGT48を運営していたAKSは山口真帆への暴行容疑で逮捕されたファンを名乗る男性2人を相手に損害賠償を求めて民事裁判を起こしていたが、2020年4月に和解が成立した。あくまでAKSと被告の男性2人による和解であり、山口は出廷しておらず真相が解明したわけではない。しかし「民事裁判で和解」と報じられたことから世間的には収束したと捉えた人もいるのではないか。またNGT48の運営会社は2020年4月にAKSから新会社「Flora」に移った。「Flora」の岡田剛社長は7月に会見を開き、“NGT問題”について「今活動しているメンバーにも卒業していったメンバーにも、運営サイドの人間がしっかり向き合えてなかったのが一番問題だった」と当時の運営体質の未熟さを反省したうえで、山口真帆に対して「彼女を傷つけてしまったことには変わりはない、運営の対応が悪かった。申し訳ない気持ちでおりますし、応援しています」と謝罪していた。



画像は『長谷川玲奈/Rena Hasegawa. 2021年4月4日付Instagram「20th」』『山口真帆/Maho Yamaguchi 2021年4月19日付Instagram「ドラマ #結婚できないにはワケがある」』『菅原 りこ 2019年5月25日付Instagram「皆さん、こんにちわ」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ