ルイ王子が3歳に 記念写真に写った自転車が“ロイヤル効果”で即完売

現地時間23日、英王室ウィリアム王子・キャサリン妃夫妻の次男ルイ王子が3歳の誕生日を迎えた。公式SNSには今年もキャサリン妃が撮影した写真が公開され、そのキュートな笑顔に世界中の王室ファンが癒された。公開された写真からは王子が愛用中の自転車ブランド名も明らかになったのだが、“ロイヤル効果”により全モデル・全カラーがたちまちソールドアウトになったという。

英王室ウィリアム王子・キャサリン妃夫妻の次男で、“ケンブリッジ家のアイドル”として人気を集めるルイ王子が現地時間23日、3歳の誕生日を迎えた。前日には夫妻の公式SNSに王子の写真が公開され、自転車の絵文字とともに次のようなメッセージが添えられた。

「明日で3歳です!」

「写真は今週初め、ナーサリー初日の登園前に公爵夫人によって撮影されました。公爵並びに公爵夫人は、ルイ王子の最新写真を皆さんとシェアできることを嬉しく思っておられます。」

公開されたのは、バックパックを背負ったルイ王子が笑顔で自転車にまたがる写真で、誕生日当日にはエリザベス女王チャールズ皇太子もそれぞれの公式SNSに同じ写真を投稿し、ルイ王子の3度目の誕生日を祝福した。

愛嬌たっぷりの顔立ちや次男らしい数々のやんちゃエピソードで王室ファンを魅了してきたルイ王子。このたび公開された姿には

「ゴージャス!」

「なんてキュートなの!」

とその愛くるしいルックスを称える声のほか、

「あっという間に大きくなってる!」

「もうナーサリー? 信じられない!」

「ついこの前歩き始めたと思っていたら、もう自転車に乗っているとは!」

などルイ王子の成長の早さに言及する声が多数寄せられた。

写真からは王子がすでに補助輪なしで自転車を乗りこなしているかのようにも見えるが、これは足で地面を蹴りながらバランス感覚を養うペダルレスタイプで“バランスバイク”と呼ばれるもの。ルイ王子の愛用バイクは「Frog」社の「tadpole plus」というモデルだが、今回この写真が公開されたことで他のモデルやカラーもすべてソールドアウトになってしまったそうだ。

ルイ王子が今週から通い始めた「ウィルコックス・ナーサリー・スクール」は、兄ジョージ王子と姉シャーロット王女が通う「トーマス・バタシー・スクール」からもほど近い距離にあり、シャーロット王女が2018年1月から2019年7月まで通ったことでも知られる。ルイ王子はパンデミックの影響により入学時期が若干遅れたもようだが、初登園日に元気な笑顔を見せる王子には、

「どうか初日が楽しい一日となりますように!」

「友達がたくさんできるといいね」

といったエールも多数寄せられている。

ちなみに「キャサリン妃にそっくり」「ジョージ王子とウリ二つ」「グランパ・ミドルトン(キャサリン妃の父マイケルさん)に激似」などと言われてきたルイ王子だが、王室ファンの中には人気アニメーション映画『ボス・ベイビー』の主人公セオドア・リンゼイ・テンプルトン(通称ボス・ベイビー)に雰囲気が似ている―という声が以前から囁かれており、

「ハッピーバースデー、ボス・ベイビー!」

「まだまだ“最強の赤ちゃん”、ボス・ベイビーの面影がたっぷり!」

といったツイートも多数見受けられた。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年4月22日付Instagram「Three tomorrow!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ