格納できる脚やライトセーバーの収納などギミックが満載 「レゴ スター・ウォーズ R2-D2」セットがルーカスフィルム創立50周年を記念して5月1日に発売へ

ガジェット通信



レゴ・ジャパンは「レゴ スター・ウォーズ」シリーズの新製品「レゴ スター・ウォーズ R2-D2」セットを2021年5月1日に発売します。ルーカスフィルム創立50周年を記念したモデルで、2012年に製品化したモデルを大幅にアップグレードして、様々なギミックを搭載しているのが特徴です。





高さ31×幅20cm×奥行15cmのサイズで、ピース数は2314個。本棚に飾るのにちょうどよいサイズです。





3本の脚のうち、中央のミドル・レッグが本体に格納できるギミックを新たに搭載。StarWars.comに掲載された記事によると、本体にミドル・レッグを格納するスペースを確保することが困難だったものの、ノック式ボールペンの機構をヒントに課題を解決したのだとか。

5 Behind-the-Bricks Secrets of the LEGO Group’s Amazing New R2-D2 – Exclusive | StarWars.com

https://www.starwars.com/news/lego-star-wars-r2-d2[リンク]



ドーム状の頭は回転し、潜望鏡が出し入れできるギミックを搭載。本体のフロントパネルには、ツールやアームが格納されています。



頭部にはルークのライトセーバー(緑)を格納するスペースも。『エピソード6/ジェダイの帰還』劇中でのジャバのセール・バージでの戦闘シーンを思い出しますね。



ルーカスフィルム創立50周年の記念ブロックとR2-D2のミニフィグも付属。コレクターズアイテムとして注目を集めそうです。



価格はオープンで、全国のレゴストア、レゴ認定販売店ベネリック レゴストア 楽天市場店、レゴランド・ジャパン・リゾート、レゴランド・ディスカバリー・センター東京、レゴランド・ディスカバリー・センター大阪で販売します。

「レゴ スター・ウォーズ R2-D2」セットがルーカスフィルム創立50周年を記念して発売!(YouTube)

https://youtu.be/m2QXFk8qO9c

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ