板垣瑞生、キュンとする言葉を明かすも同意得られず「え、俺だけ?」


4月22日にスタートしたABEMAオリジナルドラマ『ブラックシンデレラ』(毎週木曜22:00~)の合同取材会が同日、都内で行われ、莉子、神尾楓珠、板垣瑞生、愛花(えりか)の4人が出席した。

「キュンとすること」を聞かれると、莉子は悩みながらも「運動している方はかっこいいなと思う。サッカーかバスケ。ユニフォーム着ているといいですよね」と回答。横にいる神尾が「腹チラは?」と尋ねると、「腹チラは…いい」と首をかしげた。神尾は「腹チラ、俺やってた~」と苦笑いだった。

続いて板垣が「『友達になろ?』と言われたキュンとしない?」と3人に同意を求めると、一同反応なく数秒間沈黙が流れた。誰の賛同も得られず「え、俺だけ?」と板垣が焦りつつも、「友達になろうと言われてなることはあまりない。気づいたらなっているから。あえて段階を踏んでいく聞き方をされたら『ええ?どういうこと?』ってなる」と説明した。

作品が高校生の物語とあって、学生時代のことについて質問が飛んだ。神尾は「学生に打ち込んだのは勉強ですね。勉強が苦じゃないタイプだったので総合で1位だったんです。それを維持しようと思って勉強していた」と発言し、ほかのキャストを驚かせた。さらに「勉強は量が多いタイプではなく質」と話すと、その言葉に莉子が「なんか…やだ(笑)」、板垣も「頭いいやつぶっている人みたい。勉強も腹チラもして大変だな」とイジって笑わせた。

学園一の美男美女を決めるミスコンを舞台に、ルッキズム=外見主義に立ち向かいながら、夢や恋に奮闘するド平凡な女子高生・神谷愛波の“逆襲”ラブストーリー。主人公の愛波を演じる莉子は、ABEMAオリジナルドラマに初主演を務めた。

莉子は「いよいよ放送がスタートする。恋愛だったり色んな要素があるドラマ。SNSが普及して、外見への考え方が変わっている中でこのドラマを届けられるのがうれしい」とメッセージ。“国宝級イケメン”と評され、作品内でも“国宝級イケメン”を演じている神尾は「外見にとらわれている世の中、このドラマを見ることで新たな考え方、価値観が生まれるのでは。それをドラマを通じて伝えられれば」と語った。

『ブラックシンデレラ』は全8話。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ