「古代エジプト展」のコラボメニューは神秘的な美味しさだった


Bunkamura ザ・ミュージアムにて「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ」が2021年4月16日より6月27日まで開催されている。コラボメニューも登場しているとのことで、開催前日に行われたメディア内覧会に足を運んでみた。

○古代エジプトの貴重な展示が200点以上も!

渋谷にある複合文化施設・Bunkamuraでは、4月から5月にかけて「ブンカチャージ」をテーマに、“観る・聴く・買う・食べる”を通してコロナ禍でも文化・芸術で感動を味わい、“心の栄養”をチャージできるコンテンツを展開中。「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ」もその一環として開催されている展覧会。エジプトの遺跡にまつわる歴史的な発見と、現地での発掘調査やCTスキャンなど最新のさまざまな研究を通して、古代エジプト文化の新たな知見を紹介する展覧会となっており、200年以上にわたり収集されてきたライデン国立古代博物館のコレクションから、人や動物のミイラや棺など、厳選した200点以上が展示されている。

第1章から第4章まで、「探検」「発見」「解読」「スキャン」の4つのキーワードで構成されており、人のミイラのみならず、猫、ワニのミイラなども展示されていた。中でも本来は寝かせた状態の棺を立たせた状態で並べたエリアは圧巻。さらに興味深かったのが、第4章「エジプトをスキャンする」。医療機器のCTスキャンではミイラの包帯をほどいたり解剖せずに内部の精細な画像を撮影できるとのことで、今回の展覧会では、最新機器を使い人や動物のミイラを撮影した解析結果が世界初公開されている。

内覧会でメディア向けにギャラリートークを行った本展監修者の中野智章教授(中部大学)によると、日本では数多くのエジプト展が行われてきたが、今回の展覧会は従来の一線を画したもの。バラバラに色んなものを展示するのではなく、古代エジプトがどのように知られたかにはじまり、エジプト考古学のはじまりからその先までを見通すような構成になっているそうだ。展覧会を見終わると特設ショップに公式図録から、リラックマとコラボしたグッズや、「エジプト神マイネームはんこ」、「限定キーリング」など、ファンシーな記念グッズも販売されており、エジプトに関する知識がある人もない人も楽しめるものになっている印象だった。
○オリジナルのカフェメニューも見逃せない

また、「古代エジプト展」開催を記念して、1階のロビーラウンジにて期間限定オリジナルタイアップメニューが提供されている。花より団子、というわけではないが、展覧会の余韻を感じつつ、どんなメニューなのかワクワクしつつ食べに行ってみた。

ロビーラウンジで今回のために開発されたコラボメニューは2種類。まずは「仔羊肉のミートソースとフムスのピッツァ(サラダ付)」(1,600円)からいただいた。

生地の上には、エジプトでポピュラーだというラム肉のミートソースをトッピング。マッシュポテトっぽい見た目の具材は、アフリカで有名なひよこ豆をペースト状にした料理「フムス」。中東料理でよく使われているというナス、ズッキーニも乗っており、1枚のピッツァの上にこうした具材を盛り込むことで、エジプトを色んな面から食で感じて楽しんでもらおうというものだ。カットした生地を折りたたんで食べると、モチモチな生地、オレガノの香りがついたソース、こぼれんばかりにたっぷり乗ったミートソースのジューシーな肉感がたまらない。ふんわり優しい味わいのフムスと、ナス、ズッキーニの食感の違いも楽しい。ピンクペッパーがスパイシーでよいアクセントになっていて、食べ応え満点。じつに美味しかった。

もう1つのコラボメニューは、「カルカデ レッドフルーツ」(1,000円)というドリンク。カルカデとは、ハイビスカスの一種の茶葉を抽出して真夏の暑い時期にゴクゴク飲むような、エジプトのポピュラーなドリンクなんだとか。今回はそれをアレンジしたもので、ハイビスカス、ブラックカラントやエルダーベリーといった赤い果実を一緒に抽出したものに、展覧会期間は湿気のある時期が重なることもあり、より爽やかに飲めるようにクランベリージュースをあわせている。

ひと口飲んでみると、かなりすっきり爽やか。アレンジされているとはいえ、エジプトの人が夏にゴクゴク飲みたくなる気持ちがわかる。後味も良くてさっぱりしているので、ピザとの相性も抜群だ。

コラボメニューの提供期間は、4月16日~6月27日まで。それぞれ、半券サービスも実施されており、展覧会のチケット・QRチケットを提示すると、「仔羊肉のミートソースとフムスのピッツァ(サラダ付)」は200円 OFF、「カルカデ レッドフルーツ」は100円 OFFとなる。「古代エジプト展」をじっくり堪能した後は、コラボメニューでも神秘的なエジプトの魅力を感じてみてほしい。

●information
『ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ』
2021年4月16日~2021年6月27日
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)
開館時間:10~18時(最終入館時間 17時30分)
休館日:4月27日、5月18日、6月8日
※最新情報はオフィシャル・ウェブサイトまで

ロビーラウンジ
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura1F
営業時間:10~19時(L.O.18時30分)ランチタイム/11時~14時30分

岡本貴之 おかもと たかゆき 1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」 この著者の記事一覧はこちら

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ