見取り図・盛山、相方・リリーの態度に激昂 「コンビじゃない感じの…」

fumumu


見取り図

人気急上昇のお笑いコンビ・見取り図が、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演。

盛山晋太郎さんが、相方・リリーさんのネタ中の態度について、怒りをあらわにする一幕がありました。

■6.5世代にアドバイス


21日、同番組では「お笑い6.5世代ガチ悩み相談」というトークテーマを実施。第7世代の人気に嫉妬している6.5世代として、アインシュタイン、三四郎、さらば青春の光、そして見取り図の4組がゲスト出演しました。

華やかに売れまくる第7世代に対し6.5世代は何故パっとしないのか…などの悩みに、大胆な改善方法を提案する先生達。そのなかで、認知化学評論家の中野信子先生が、「ワンフレーズで自己紹介できないから」と分析します。

関連記事:

■エグすぎる指示


先生曰く、「ネーミングはすごい大事」とのことで、例えばアンジャッシュ・児嶋一哉さんの「児嶋だよ!」は、短く覚えやすいフレーズで、世間に認知してもらうのに効果的だったと説明。MCの明石家さんまさんも「要するに”つかみのギャグ”やな」と納得します。

そこで、先生は「ワンフレーズ自己紹介」をスタジオで作るよう提案。まさかの無茶振りに盛山さんも「エグ過ぎるでしょ」と席を立ちますが、結局さんまさんに指名され、即興ギャグを披露することになります。

■震えてネタを披露するも…


緊張感走る空気の中、盛山さんは渾身のラップ調のネタを披露するものの、先生からは「長すぎる」と一蹴。再び「ちょっと待ってエグいって!」と訴えます。

しかし、ここで注目をあびたのが、相方のリリーさん。アインシュタインの稲田直樹さんが、「リリーの落ち着き見ました?」と、震えながらネタをする盛山さんを冷静に見ていたと明かします。

■「馬車馬のように僕を働かす」


この報告を受け、盛山さんの怒りの矛先はリリーさんへ。「コイツほんま馬車馬のように僕を働かす」「なんもしてくれないんすよ、いつも」と激昂。さらに「コンビじゃない感じの立ち回りしてくるんですよ!」と訴えました。

結果的には、必死な盛山さんと余裕なリリーさんの格差でスタジオの爆笑をさらった一幕に。盛山さん的には不満がある様子ですが、これも「見取り図」の魅力のひとつなのかもしれませんね!

・合わせて読みたい→かまいたち山内、広瀬すず・あいみょんとの会合を暴露 「炎上すんぞ」

(文/fumumu編集部・五代桜子)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ