今田美桜、駆け出し時代を救ってくれた人気俳優Aの実名を告白

※画像は『恋はDeepに』公式Twitter(@deep_ntv)より

 

4月18日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に女優の今田美桜が登場。駆け出し時代に自分の失態を救ってくれた人気俳優Aの名を告白し、感謝の言葉を述べた。

 

福岡のローカル番組のリポーターだった今田美桜

番組では「本当にツラい時優しかったSP」と題し、ゲスト出演者たちに優しくしてくれた人物が次々と紹介されていった。その中でも今田は、6年前のまだ芸能活動を始めたばかりの頃、高校3年生の時に地元福岡のローカル番組でインタビュアーに抜擢されるというエピソードがVTRにて紹介される。

映画の宣伝でとある人気俳優にインタビューする企画だったのだが、実際にインタビューしたのはメインのアナウンサーであり、自分は緊張のあまりほとんど喋れず。スタッフが出したカンペも完全スルーする中、最後に「映画の見どころを教えてください」とようやく口に出すも、その俳優から「最後に喋ってそれ?見どころはたくさん喋ったよ」とツッコまれ、場が笑いに包まれて今田も救われたという話であった。

 

続けてVTRでは、その俳優が綾野剛と紹介され、本人が登場。6年前の出来事を覚えている、とした上で「その後ドラマに出てても、声であの時の彼女だと気づきましたね。声って演出できないものですけど、当時から声に気持ちを込めるという事が出来ていたと思います」と話し、今田も驚きの表情を見せ「ありがとうございます」と感謝する。現在今田は、綾野とドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)で共演中だが「私がちょっと迷ってることがあると、すかさず『大丈夫?』とか、会うたびに『体調どう?』とか、毎回気を遣って下さってますね。本当優しい方です」と、綾野の振る舞いに感謝していた。

 

しかしながら、綾野が6年前から今田の事を覚えている、という事に関しては疑いの眼差しを向け「当時から覚えてるって、本当ですかね?」と話す。MCの東野幸治も「出演前にウィキペディアで調べたんじゃないですかね」と続き、皆を笑わせていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ