おいでやす小田“シングルファザー・境”の苦悩「父親は、子供のヒーローにならなあかんねん!」

テレビドガッチ

吉川愛と板垣李光人がW主演を務めるモクドラF『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第4話が、4月22日に放送される。

同ドラマは、一生懸命働くあまり自分自身には手を抜きがちな新米漫画編集者・和子(わこ/吉川)と、メイクもファッションも完璧で女性と見間違われるほど美しい青年・周(めぐる/板垣)のキュートなラブストーリー。ともに連続ドラマ初主演となる2人が、ありのままのお互いを受け入れ合い、2人で一緒に成長していく、新時代の理想のカップルに扮する。また、実力派俳優の水野美紀・桐山漣ら個性あふれるキャスト陣によるドラマオリジナルストーリーも展開、カラフルな恋愛群像劇が描かれる。

前回の放送では、周と、彼をライバル視するゆうたん(永田崇人)のストーリーが描かれた。一方向だけではない、多角的な視点で物事を見ている2人の台詞に、「多様性の肯定だけじゃなくて否定を認めることも多様性だってちゃんと言ってくれるこのドラマ、優秀ですよ」「多様性。価値観の押し付け……。なんて深い回だったんだろう。。」「ゆうたんの言うことは分かるんだけどね……つらいな……」と多くの人が感銘を受けた。

<第4話あらすじ>
和子(吉川)は、周(板垣)にキスしたことで、「これはもう、セクハラなのでは!?」と激しく動揺する。一方、周は、ぎこちない態度の和子に戸惑う。

キラ(桐山)は、あさひ(水野)のことばかり考えていた。彼は明らかにあさひに恋しているのだが、周から「いい加減に認めなよ」と言われても、頑なに拒む。

キスのことが頭から離れず、仕事中もぼんやりしてしまう和子。彼女は、境(おいでやす小田)が甘地(遠藤健慎)を叱っているところに遭遇する。境は、ビジネスマナーを知らない甘地がミスを犯したと激怒。しかし、和子が甘地に話を聞くと、彼の言い分にも理があった。20歳以上の年齢差がある境と甘地の世代間ギャップは、簡単に埋まりそうもない。

和子と周は、キラの連載ページの撮影で顔を合わせる。和子はどうしていいか分からず……。

そんな中、境の娘・乙姫が編集部を訪ねてくる。乙姫は、しっかり者の小学生。“お父さん、お母さんの働いている所を見てみよう”という学校の課題で、境の仕事を見学に来たのだった。その約束をすっかり忘れていた境は、大慌て。境は妻と離婚し、乙姫を1人で育てていた。

和子は境から、キラの撮影に参加させてほしいと頼まれる。乙姫がキラのファンなので、境は彼女に撮影を見学させてやりたいという。

「父親は、子供のヒーローにならなあかんねん!」

父として乙姫にカッコいいところを見せたいと意気込む境。和子は、彼の頼みを引き受ける。キラの撮影は順調に進み、境も乙姫にバリバリ働く仕事ぶりを見せていたのだが……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ