「半沢直樹」放送延期のワケを製作陣が明かす 「大変だったんです…」

しらべぇ




ドラマ『半沢直樹』(TBS系)が21日、東京・日比谷で行われた「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’20/第26回AMDアワード」で「優秀賞」「AMD理事長賞」の二冠に輝いた。

■「総合視聴率」44.1%




TBSの日曜劇場『半沢直樹』は、新型コロナウイルス感染拡大により放送スケジュールが大幅に後ろ倒しに。制作も困難な状況の中、前作(2013年)よりさらにスケールアップした内容で2020年7月~9日に放送となった。

制作が間に合わず放送延期になった回もあったが、蓋を開けてみれば、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率の合計である「総合視聴率」はピーク時44.1%と大ブレイク。数値が40%を上回るのはビデオリサーチが調査を開始して以降史上初のことだった。

関連記事:日本テレビ『スッキリ』で半沢直樹の特集始まり… 「これ大丈夫?」と視聴者衝撃

■歌舞伎俳優たちによる“顔芸”




同作は主演の堺雅人をはじめ、片岡愛之助、柄本明、市川猿之助、香川照之、北大路欣也、賀来賢人、江口のりこと、ベテランから若手まで実力派俳優がキャストを務めた。

毎週名言や、歌舞伎俳優たちの圧倒的演技力による“顔芸”が飛び出し、話題を集め続けたことは記憶にも新しい。

■放送延期の理由


授賞式には、堺のほか、同ドラマ演出担当でディレクターの福澤克雄氏が登壇した。

「優秀賞」に続き、「AMD理事長賞」にも選ばれると会場からは拍手の嵐。挨拶を行った福澤氏は「本当に嬉しいです。コロナで撮影(スケジュール)がめちゃくちゃになりまして…。特にこの『半沢直樹』はおじさんとおじさんが接近してしゃべるというもの。コロナ対策を万全にしたら、ただでさえ時間がかかる撮影がさらに倍くらいかかり、途中で一週延期という酷いことをしてしまいました。それくらい大変だったんです」と貴重な制作秘話を披露。

最後は「だけど頑張れば良いことがあるんだ、ということをつくづく感じました」と笑顔を見せていた。

■新たな気づき


続いて挨拶を行った堺は、「先ほど、『おじさんとおじさんの密接なやりとり』があったとお話しがありましたが、現場の役者として一番楽しいのは、みんなでワイワイ、近くで密接して何か物を作る時。本当にやりづらい時代になったな、つまらないな、早く近い距離でやれるようになったらいいなと、この会場に来るまでは思っていました」と正直な心境を明かした。

一方で、コロナ下でも歴史的大ヒットを収めた劇場版『鬼滅の刃』や、Zoomを使って新たなオンライン演劇を完成させた「劇団ノーミーツ」などの受賞を眼前にし、「この会場でみなさん(他の受賞者)のお話しをうかがって、やれることはまだまだあるし、歩みが少し遅くなっただけで、一歩一歩の力強さだったり、何かを表現したい気持ちはいくらでも出てくる可能性があると、今回勉強になりました」と、新たな気づきがあったことも吐露。

最後は、「この賞をいただいたのを良いきっかけに、これからも精進していきたいと思います」と爽やかな笑顔でスピーチを締めた。

・合わせて読みたい→コロナ禍においてテレビドラマが充実する理由 『日曜劇場』も話題のTBSの演出力

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ