話題のタイドラマの大人気俳優陣も登場!  熱狂の『Thai Drama Festival in Japan 2021』レポート!

ananweb

ドラマや映画、食を通してタイの奥深い魅力に触れるイベント『Thai Drama Festival in Japan 2021』が開催。オンライン中継を駆使し、大きな盛り上がりを見せたイベントの模様をレポートします!
■ まるでタイに来たみタイ⁉︎ お楽しみ満載の神イベントが実現!

美麗な役者陣が織りなすキャッチーなストーリーが支持され、人気が加速しているタイドラマ。その魅力を余すことなく堪能できる『Thai Drama Festival in Japan 2021』が、4月3、4日の2日間に渡って在東京タイ王国大使館で開催されました。タイを代表するメディア3社の協力によるオンライン交流イベントは、日本国内では初の試み。名だたるトップスターが集結するため、SNSを通じて行われた参加募集には希望者が殺到したそう。

会場には、大使公邸のシェフや人気レストランが提供するタイフードの屋台がずらり。なかでも、ドラマ『SOTUS』、『2gether』に登場するピンクミルクやブルーソーダ(作品中の名前は“ブルーハワイ”)を販売する店舗は、行列が絶えない人気ぶり。

ほかにも、お寺のお供えや家の飾り、目上の方に差し上げるタイの花輪“プアンマーライ”のデモンストレーションや食材を販売するスーパーマーケット、イベントのビジュアルにも登場した人気キャラクター・マムアンちゃんグッズのブースなどが立ち並び、等身大パネルなどを用いたフォトブースも。来場者たちは食事や買い物など思い思いの時間を過ごし、プチ旅行気分を満喫していました。

■ 料理対決やサプライズギフトなど、内容盛りだくさん。楽しませ上手なChannel3。

現地から中継される交流イベントのトップバッターは、タイ大手のテレビ局であるChannel3。今年放送予定のドラマ『The Miracle of Teddy Bear』(直訳)に出演するJobさん(タッチャポン・グーウォンバンディッ)、Innさん(サーリン・ロナギアット)、Teeさん(タナポン・ジャルジッラノン)、Firstさん(パーラーダー・チャッチャワーンショーティクン)が登場すると、大型モニターを見つめる50名の来場者たちのテンションも急上昇。

それぞれ日本語で挨拶すると、“日本を訪れるならどこに行きたい?”という質問に対し「渋谷で買い物がしたい」(Firstさん)、「高島(編集部注・北海道の高島を指していると推測)で食べ物をたくさん食べたい」(Teeさん)、「毎年行っているニセコでスキーがしたい」(Innさん)、「マンガ好きなので秋葉原に行きたい」(Jobさん)と楽しそうに答えてくれました。

現在撮影中だという『The Miracle of Teddy Bear』について「可愛いだけのドラマではなく、複雑な家族関係も描かれるドラマチックなストーリーになっています。一生懸命作っているので、ぜひ見てください」(Firstさん)とアピールしたところでトークセッションは終了し、アクティビティコーナーへ。Job&Inn、Tee&Firstの2組に分かれ、タイ料理の定番・ソムタムをアレンジしたフルーツソムタム作りのパフォーマンス対決をすることに。

料理は得意だと言い張るものの、どこかぎこちない動きの彼ら。お互いにエプロンをつけ合ったり2人で協力しながら調理したりと微笑ましく対決が進むなか、日本の会場では試食用のフルーツソムタムが配られ、現地の味を体感できる嬉しいサービスも。勝敗は会場の拍手の量で決めることになったものの、結果は引き分け。和やかに微笑んで相手チームの健闘を称える、4人の仲の良さが印象的でした。

その後は、タイの国民的ドラマ『運命のふたり』の主演カップルPopeさん(タナワット・ワッタナプート)&Bellaさん(ラニー・ ケームペーン)や、Netflixで配信中のドラマ『見習い薬草医トンエク』主演のMarioさん(マリオ・マウラー)からビデオメッセージが届くサプライズも。撮影中の裏話や本人にまつわるクイズなど、タイドラマの世界をより身近に感じられる内容にファンたちは大喜び。

また、すべての座席に置かれていたMarioさんのフォトカードに本人直筆のサインが入っていることが告げられ、想定外のスペシャルギフトに会場のあちこちから感嘆の声が。最後はJobさん、Innさん、Teeさん、Firstさんが再登場して選ばれたラッキーファンとモニターごしで記念撮影を行い、1時間とは思えないほど大充実のイベントとなったのでした。

■ その場にいるような一体感を味わえるNadao Bangkokのステージに感激。

第2部は、テレビ番組や音楽の制作を手掛けるNadao Bangkokによるオンラインイベント。開始早々、白い衣装に身を包んだTorさん(タナポップ・リーラッタナカジョーン)、Bankさん(ティティ・マハーヨーターラック)、Skyさん(ウォンラウィー・ナティートン)が軽やかに登場。ボーイズグループ『9×9』としても活動するTorさんを中心に、ドラマ『Great Men Academy』主題歌である『The Lucky One』の爽やかなステージを披露してくれました。

続いて登場したのは、JJさん(クリッサナプーム・ピブンソンクラム)とIceさん(パリス・インタラコマーンスット)。デュオ活動も行っている彼らは、ダンサブルなナンバー『UNEXPECTED』とラップが印象的な『NUDE』をメドレーで歌い、日本の会場も手拍子で応援。手作りのうちわを振るファンの姿も見られ、コンサートさながらの盛り上がりに。

それぞれ出演作品などの自己紹介をしたのち、ゲームセッションに突入。なんと、5人で“叩いてかぶってジャンケンポン”に挑戦することに。最後に勝ち残った1名以外はカメラに向かって愛嬌をするという罰を設定し、ゲームがスタート。常にジャンケンの掛け声をフォローし続けるIceさん、プレイヤーを後ろから支えるTorさんなどそれぞれのキャラクターが滲むなか、JJさんが勢い余ってピコピコハンマーの柄を折ってしまうハプニングも。

アクセサリーが飛ぶほど白熱した戦いが続き、最終的に“ジャンケンが強い”と言われていたTorさんがBankさんを破り優勝。負けた4名は照れながらも愛嬌を披露し、とびきりチャーミングな表情でファンのハートをとろけさせていました。

続いて、来場者の質問に答えるQ&Aコーナーへ。難しい役の取り組み方を聞かれたTorさんは、「自分を信じること」と回答。また、“もし魔法が使えるならどんな能力がいい?”という質問に対するSkyさんの答えは、「魔法を使って日本からシェフを呼びたい」。Netflixの『二郎は鮨の夢を見る』を見てそう思ったのだとか。

Bankさんは日本で行きたい場所に北海道を、Iceさんはオススメのビーチとしてプーケットのラチャノイ島を挙げ、JJさんはリクエストに応え『CELEBRATE』の一節を生披露してくれました。

そして、イベント終盤には話題のドラマ『I Told Sunset About You』の主演を務めたBillkinさん(プティポン・アサラタナグン)とPPさん(グリット・アムヌアイデシャゴン)からビデオレターが届くサプライズが。

ホットな2人の登場で会場の熱気がさらに高まったところで、5人によるスペシャルステージの時間に。この日に向けて一生懸命練習したというゆずの『また会える日まで』を日本語で歌い上げる彼らの姿からは日本のファンを大切に思う気持ちが伝わり、温かい感動と共に1時間のイベントが終了しました。

■ GMM TV が生んだニュースター・Bright&Winの魅力に酔いしれて。

この日のイベントの最後を飾るのは、タイドラマブームに火をつけたテレビ制作会社のGMM TV。まずは人気ドラマ『SOTUS』で主演したSingtoさん(プラチャヤー・レァーンロード)、Kristさん(ピーラワット・シェーンポーティラット)のビデオからスタート。

SNSに寄せられた質問に答えるインタビュー形式となっており、“好きなタイ語は?”という質問にKristさんは「ヨームヤオ(少しちょうど良い)」、Singtoさんは「グラヒヤン・グラフールー(すごく欲しくて我慢できない)」と回答(理由は語らず……)。

“1日だけ日本人になったらしたいこと”に関しては2人とも「遊園地に行く」で一致しながらも、「絶叫系はNG」というKristさんに対しSingtoさんは「超絶叫系マシンに乗りたい」と正反対の意見に。最終的には「一緒に行って別々に遊び、お化け屋敷で合流しよう」という結論に達し、息の合った掛け合いを見せてくれました。

動画が終わると、世界的ヒットとなったドラマ『2gether』で主役カップルを演じたBrightさん(ワチラウィット・チワアリー)とWinさん(メータウィン・オーパッイアムカジョーン)、スピンオフドラマ『Still 2gether』のAof監督(ノッパナット・チャイウィモン)が登場。うちわやボードを振るファンがモニターに映し出されると、2人ともにこやかに手を振り返していました。

トークコーナーでは日本での人気について聞かれ、「こんなに好きになってもらえるとは考えていなかったので、とても嬉しいです」とキラキラの笑顔で答えたWinさん。練習してきたという日本語の挨拶をBrightさんと共に披露し、会場は拍手喝采。

2人の魅力について聞かれたAof監督が「Brightさんはとても仕事熱心で、Winさんはフレッシュで誠実な点が魅力。熱心な人&ユーモア溢れる人で調和がとれており、バランスの良い2人だと思います」と語ると、2人とも嬉しそうな表情に。

また、映画『2gether THE MOVIE』(日本では6月公開)に関しては、「(主人公の)サラワットとタインの関係がどうなるのか、楽しみにして欲しいです。新しいストーリーが作られており、映画から見た人も楽しめると思います」(Brightさん)、「タインに戻れることに幸せを感じました。2人が大学を卒業した後の道を楽しんでいただけるのでは」(Winさん)とにっこり。役柄への深い愛情と作品に対する自信を滲ませていました。

来場者に質問を募ったQ&Aコーナーでは、“もし自分が監督になったら、相手にどんな役を演じさせる?”というファンならではのユニークな問いかけも。「カーレースシーンがあるアクション映画で、スパイ役を演じさせたい」(Brightさん)、「いつもカッコいいので、コメディを演じるところが見てみたい」(Winさん)というお互いのことを熟知した回答に、ファンも深く納得したのでした。

続いて行われたゲームセッションは、2人の好きなものを探るクイズを出題。2択なので簡単かと思いきや、Brightさんにまつわるクイズの1問目“Aしゃぶしゃぶ、Bすき焼き”がまさかの大波乱に。会場の9割近くがAと答えるなか、正解はBのすき焼き。一気に回答者が減ってしまったことに爆笑しつつ、手を合わせてお詫びする優しいBrightさん。その後も“Aガーデニング B料理”の質問でWinさんが料理を選ぶなど、2人の意外な一面が垣間見えたゲームでした。

最後は、現在撮影中のドラマ『F4』のお話に。アジア各国でリメイクされている日本の漫画『花より男子』が原作となり、2人が演じるのは学園の中心的存在であるイケメン4人組“F4”のメンバー。

「物語もキャラクターも新しく変化しているので、以前のバージョンとの違いを楽しんでいただけると思います」とBrightさん。「GMMの大きなプロジェクトで、みんなで一生懸命撮影しているのでぜひ見ていただきたいです」とWinさんが語るように、世界中でヒットを飛ばしている作品だけに2人にとっても新たなチャレンジのよう。終始笑顔を絶やさなかった彼らが、キリッと引き締まった表情を見せたのが印象的でした。

会場全員と記念撮影した後は、2人から歌のプレゼントが。『2gether』のテーマソングである『KAN GOO』を優しいトーンで歌うなか、歌詞を間違えたWinさんをBrightさんがすかさずフォローする場面も。そんなキュートなハプニングのお土産を残し、イベントは大盛況のうちに幕を閉じたのでした。
文・真島絵麻里

■ Information

在東京タイ王国大使館のオフィシャルサイトやインスタグラムアカウントには、タイについて知れる情報がたくさん!

オンラインイベントのアーカイブも在東京タイ王国大使館YouTubeチャンネルで公開中!

文・真島絵麻里

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ