世界中で話題の『アナ雪』のビギニングストーリーが小学生から楽しめる『みんなが知らない アナと雪の女王 なぜエルサは生まれたのか』発売!

Rooftop



main-3.jpg
(C)Disney

ディズニー映画の中でも圧倒的な人気を誇り、 今も少女たちの心を虜にしてやまない『アナ雪』。 2019年に続編『アナと雪の女王2』が公開されたが、 劇中では語られなかった数々の真実があった。そんな『アナ雪』の謎を解き明かす米・ディズニー社が製作した書籍『Frozen2:Dangerous Secrets』が世界中で話題となり、 今年3月に講談社が刊行した翻訳版『アナと雪の女王 エピソード0 Dangerous Secrets』も、 またたく間に重版となった。

本書は、 そんな魅力が詰まったストーリーを小学生のお子さんでも読めるように翻訳・再構成しました。 普段本を読むのが苦手という方や手軽に読みたいという大人の方にもおススメ。

~STORY~

お話の主人公はエルサとアナのお母さん、 イドゥナ。 イドゥナは魔法の森で精霊と共に暮らす部族・ノーサルドラの娘でした。 ある日、 ノーサルドラとアレンデール王国とのあいだに突然、 戦いが始まります。 そんな彼女が、 どうして、 敵同士であるアレンデールの王妃になったのでしょう? どうして魔法の力を持つエルサが誕生したのでしょう? イドゥナの視点で描かれる、 アナと雪の女王の「はじまり」と「真実」。 アナ雪ファンにとっても初めて知る事実がたくさん登場する、 驚きに満ちた一冊です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ